CHROME SLIP-ON “DIMA”

過酷なストリートを武装せよ。

自分はいつも地に足ついた人間でありたいと思う。
自分は何者なのか。何をしたいがために生きるのか。
己の本質を見失うことは愚かで、生活には確かな不安要素を生み出す。

トレンドに囚われすぎてはいないだろうか。
その流行は必ず誰かが創出したものであり、一方通行で、効率化を極めたものかもしれない。
自転車や服や靴は、乗ったり、着たり、履いたりするものだ。
しかし、今やそれを第一に考えているブランドは多いのかと問われたならば、自分は首を横にかしげる。
効率化に効率化を重ね、生産量を求めた結果、量産品の成れの果て。
今日、誰もがファッション誌やポータルサイトを血眼になって追いかけているそこにトレンドの影を見る。

ストリートカルチャーはいつでもアンダーグラウンドにある。
過酷な環境下でのライフスタイルの鮮度は高く、どこまでもリアルだ。
大切なのは、何をどう着てどう生きるか、であり身につけているブランドではない。
スタイルのブレないヘッズはいつだって地に足がついている。
自分のライフスタイルを理解し、自分が何を求めるのかを知っている。
そう、ご都合主義の装飾品は必要ないのだ。

CHROME DIMA ¥7,000(+tax)

CHROMEのFORGED RUBBERはより時間がかかり、より丈夫な製法で作られている。
不要なものを削ぎ落とし、無駄を一切省いたデザインながらも抜群のフィット感を実現。
アクティブな日常はもちろんのこと、ハードなライディングにも対応する。
さらに夜間走行対策としてのリフレクティブヒールを搭載。
常に”ホンモノ”を求め続けるストリートヘッズもこれには頷く他ないだろう。
そして足元をDIMAで武装して”地に足つけて”今日も街を生き抜く。

toshi

FOLLOW

Related Articles