スタンダードでジャストなサドル。

FIZIK ARIONEについて。

説明不要の人気サドルFIZIK ARIONEについて。今日はあえて説明してみたいと思います。
ARIONEは何故、人気なのか。何故愛されるのか。ひも解いていきましょう。

まずはFIZIKというブランドから。
fi’zi:k(フィジーク)はイタリアを代表するサドルメーカーSelle Royal社のハイエンドモデル・ブランドで、熟練の職人達の手作業によって生産されています。プロダクトの特徴としては、新しい技術や素材開発にガンガン突っ込んでいくイメージです。
最新モデルのアンタレスはライトウェイトのサドルカテゴリーにおいて、競合ブランドに比較し、3倍以上のパッド量、7平方センチメートルも広いサドル面積、3.6倍以上も優れたパッド量/重量比、先端部分のパッド厚も3倍以上、など多くのアドバンテージを持っています。
てな感じで技術が売りなブランドって事です。

大ヒットサドルARIONEは大人気故、一般的なサドルと誤解されがちですが、実はめちゃ特徴的なサドルです。
名称未設定-1

IMG_8045
お分かり頂けますでしょうか?ARIONEの特徴は「前後に長くて平べったい」これです。
相当に広い座面がありますので、ポジションの変化が付けられる→長時間乗っても大丈夫!!って理屈。

IMG_8048
上記に加えてこの切れ込みWING FLEX – ウイングフレックス。しっかりと臀部をホールドする広い横幅をもちながらも、内腿の動きを妨げずペダリングパワーを最大限に伝達できるようにカットされたシェルデザインです。
コレによってフレキシブルでリアポジションの衝撃吸収性に優れた座り心地がゲトできるっちうわけです。

しかもカッコイイ(-ω☆)キラリ
LEADERみたいなアルミフレームはもちろん、細身のクロモリフレームにもバッチリ決まるシルエットの美しさは、長く設計されたテールの副産物。

がしかし。僕の個人的なインプレによりますと、自分の腹筋でしっかり骨盤立てて座れないとARIONEは尿道が痛くなる。
カッコイイから使いたいけど、痛くなるんじゃしょうがない。諦めよう。ってならないのFIZIK。

同じコンセプトとシルエットで溝(チャンネル)を採用したバーサスモデルも存在します。
IMG_8051

コレなら僕の尿道も安心だ。

FIZIKのライナップを全て試せば、お気に入りのサドルが一つは見つかるでしょう。
チェックしてみて下さい!

FIZIK サドルラインナップ

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles