お手軽ハンドルカスタム!

あなたはどのスタイルがお好みですか?

自転車の顔とも言えるパーツであるハンドル
割と気軽にカスタムできる部分だもんで気付けばハンドルだらけ、、なんて人も多いでしょう。
また、ジャンルを問わず好きなハンドルを使えるのもピストバイクの良いところ。
その中でもオススメのスタンダードな3タイプをご紹介!

LEADER BIKES Down Town Drop
漢と書いて「オトコ」ならばこのドロップバーでしょう!
最もピストらしいハンドルで今なお根強いファンが多いです。
折角ピストに乗っているなら1つは持っておきたいハンドル。

DEDA Crononero Lowrider
ストリートにおいて最も攻撃的なハンドルの一角を担うブルホーン。
特徴的な肩下がりの形状はKAGEROやCURE、HISTOGRAMなどのパシュートフレームとの相性抜群!
ブルホーン特有のTTレバーなんて付けちゃえば手元はさらにスマートになることでしょう。

DEDA Street issimo
その名の通り、ストリートを快適に走るために生まれたライザーバーです。
肩幅くらいの少し狭目のハンドル幅と高めのライズは、楽なポジショニングながらもクイックなハンドリングを可能に。
オーバーサイズでちょうど良いライザーバーってあんまりないんですよね。
痒いところに手が届く逸品です!

こんな感じでピストにおいてスタンダードといえるドロップ、ブルホーン、ライザーの3種類のハンドルをご紹介しました。
そろそろどこかカスタムしたいなー。なんてお考えならばお手頃なハンドルなんていかがでしょうか。
いろいろ相談、乗りますよ。

toshi

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles