ハンドルの”アレ”や”コレ”!!

何個持っていても嬉しいパーツ!!

こんにちは!!
今日ご紹介するのは、乗り心地にもかなり影響する”ハンドル”について書いてみたいと思います!
たくさんあるパーツの中で、ハンドルは何個でも持っていても損はしないパーツです!
ハンドルも形に種類があり、それぞれの用途にあった形があります!!!

・トラックドロップハンドル
LEADER BIKES DOWNTOWN DROP ¥8,000(+TAX)
IMG_4529
本来は、自転車のトラック競技(ピスト)で使われるハンドルなので、ブレーキを付ける必要が無く、下ハンしか使わないハンドルです!!
ピストバイクというと、このハンドルのイメージが強い方も多いと思います!
今では、このドロップハンドルにブレーキを付け、ハンドルのステム付近を握り乗っている方がほとんどです!!

・ロードドロップハンドル
EASTON EC90 ¥32,000(+TAX)
20160602-IMG_5288
最近では、トラックドロップハンドルよりもこちらのロードドロップタイプで乗られる方が増えてきていますね!!
長時間の走行でも疲れづらいロードドロップハンドルはバーの上部、湾曲部、下部を握ることで様々なポジション取りが可能です!
スクリーンショット 2016-06-02 13.29.52
上記のように、様々な姿勢で乗れるため、上半身への負担が少なく、長時間の走行でも疲れづらいです!
また前傾姿勢になりやすいので、空気抵抗が少なくなり、高速走行も向いています!!
手も痛くなりにくいですし、向かい風などにも対応出来ますよ!!

・ブルホーンバー
DEDA DABAR ¥27,500(+TAX)
20160602-IMG_5289
トライアスロン競技ではこのタイプのハンドルを使っている方が多いですね!!
ブルホーンハンドルの形は腕に力を入れて引きつけの力を使うときに力が伝わりやすいというメリットがあります!!
最近では、形が気に入って付けられる方も多くいらっしゃいます!!
ツーリングや街乗りまで幅広く使用されているハンドルです!!

・ライザーバー(フラットバー)
DEDA STREET ISSIMO ¥5,100(+TAX)
20160527-IMG_5172
このハンドルは一番街乗りには向いています!!
低速での操作性に優れ、急ブレーキや急ハンドルなどの操作性に優れています!!
ドロップハンドルに比べて上半身が上がるので視界が広く、運転もしやすいです!!
長距離よりも街乗りをメインの方などにはオススメです!!
ピストバイクのトリックが一番やりやすいのもこのハンドルですよ!!

ハンドルは、簡単に自分でも変えれるパーツでもあるので、その日の気分によって変える事もできます!!
色々なタイプのハンドルを試してみてはどうでしょうか??

AYUMU.

FOLLOW

Related Articles