僕が競輪フレームに乗らない理由

ピストバイクに於ける取捨選択

どんな形でピストバイクに入ろうと、誰もが一度は所有欲に駆られるNJSのフレーム。
NJSのフレームは全て日本人ビルダーのハンドメイド。
その生い立ちや成り行きなどのストーリーだけでも様々で非常に面白いんです。
もちろん品質は世界的に見てもトップクラス。
何よりその見た目の美しさ。日本が誇る職人芸の極みです。
そしてピストバイクの歴史に於いて競輪フレームに触れないことはできません。
そもそもNJSとは?原宿店のKIYO君がNJSパーツをブログでわかりやすく解説してくれているのでそちらをご参照ください。

競輪パーツカスタムの楽しみ方

では何故こんな素晴らしいフレームを僕は選ばなかったのか。
理由は至極簡単。街乗りに向いていないから、です。
ピストと言えばブレーキ問題。そう、NJSのフレームは競技用であるが故にブレーキを取り付けられる構造になっていません。
NJSフレームに取り付けるブレーキ台座というものもありますが、せっかくの造形美が台無しになっちゃうようでどうしても好きになれないんです。
41346694_o1

あとは中古というものにも抵抗を感じます。
古着とかもそうなのですが個人的に、誰かが使ったものをお金を出してまで欲しいとは思わないんですよね。。
しかも人気のビルダーのフレームとくればDOSNOVENTA以上の値段がついたり。
新品もあるにはあるのですが、やはりお値段がネックになっちゃいます。貧乏性だもんで。

使えるパーツが他より少ないという点でもマイナスです。
競輪はNJSパーツ以外は使用できないので、たくさんの種類のパーツが付けられる必要はないんですね。
なので現行の流行りのパーツだったりが使えないことが多々あります。
折角ピストに乗るなら好きなパーツを使いたいですもん。
ついでにNJSパーツは比較的メンテナンスが大変です。
競技用の自転車であるが故のデメリットですね。
日々の足として使うならそれなりの根気を持って付き合う覚悟が必要です。じゃなきゃすぐに倉庫の肥やしになることでしょう。

と、誰も聞いてもないことをつらつら書き留めてみたところで、本当に好きな人はそれでも乗っているんです。
上記のことを受け入れることができるなら、NJSフレームは非常に魅力的な自転車です。
ただ、日々の通勤でたかが往復30kmちょっとしか走らない僕からしたら、ちょっととっつきにくいなって思っちゃうわけなんです。
でもぶっちゃけNJS欲しいです。。矛盾してるけど、どうしたってカッコイイですもんね。
自分にとって何が必要で、何がいらないのか。
そこをハッキリ明確にさせることがピストバイクを選ぶ上での「軸」が見えてくると思います。

残念ながらBROTURESではNJSフレームの取り扱いはありません。(BOMBER PROのみオーダー可能です。)
が、NJSフレームのようなルックスの街乗りのピストはあります。
さらにBROTURESはピスト専門店です。
NJSフレームだろうと取り扱いのない自転車もお持ち込み大歓迎です!
逆にいつも触れない自転車が来るとテンション上がっちゃいます。
どんなことでもお気軽にご相談くださいねー!

toshi

BROTURES KICHIJOJI
TEL: 0422-27-6155
EMAIL: kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles