Q&A ピストバイクの選び方⑦

発送と組み立て方法

不定期投稿のQ&Aも今回で7回目。過去の記事はこちらからチェックできます。
BROTURESでは通販でご購入の方の自転車をご自宅まで配送することができます。今日は自転車のご郵送方法と組み立て方について紹介したいと思います。

梱包状態について

IMG_8391

通販でご購入頂いた自転車は、弊社メカニックが100%の状態まで組み上げた後、専用のダンボールに入れられた状態でお届けします。

IMG_8393

中身を出して頂くとこの様な状態です。ハンドル、フロントホイール、シートポスト、ペダルが取り外された状態で梱包されています。
ブレーキ等の調整はメカニックが行っておりますので、お客様にやってもらう組み付けには特殊な工具や専門的な知識は必要ありません。
さっそく組み立てていきましょう!

 

梱包材を剥がす

箱から取り出したら、まず梱包を剥がして下さい。
ホイールと自転車は中で暴れないようにタイラップで固定されています。お手持ちのニッパーで切り離して下さい。
車体に傷がつかないようにしっかりと梱包してありますが、マスキングテープで止めておりますので手で剥がせます。むやみに刃物を使う必要はございません。

 

ホイールを取り付ける

外されているフロントホイールを取り付けます。

IMG_2935

必要な工具は15mmのレンチ。若しくは六角レンチの場合もありますが、ホイールをカスタムしていない場合は大概、15mmのレンチで取り付けが可能です。
ハブナットを外しフロントフォークに差し込んだ後、時計まわりに占めて下さい。
締め付けの力加減は、軽く体重を乗せる程度にギュッと締めて下さい。

 

ハンドルを取り付ける

外されているハンドルを取り付けます。

IMG_2936

必要な工具は六角レンチがあればだいたいオッケー。ハンドルにガイドがあるものはそれに合わせて真ん中に取り付けます。
ハンドルの角度は基本お好みで大丈夫ですが、ハンドルクランプのボルトは上下左右均等に少しづつ締めて下さい。

 

シートポストを取り付ける

外されているシートポストを取り付けます。

IMG_2937

こちらも六角レンチがあればオッケー。ここで重要なのがサドルの高さ調整です。
基順となるのは腰骨の高さ。自転車の横に立って、腰骨とサドルの位置をだいたい合わせてみて下さい。
最終的には乗ってみて、微調整するのが良いと思います。

 

ペダルを取り付ける

外されているペダルを取り付けます。

IMG_2934

必要な工具は15mmのレンチ。若しくは六角レンチ。注意してもらいたいのはペダルの左右です。
右ペダルは正ネジ(時計回りに締まる)、左ペダルは逆ネジ(反時計回りに締まる)です。
基本的に逆に取り付ける事は無理ですが、無理やり取り付けてしまうとクランクが壊れますのでご注意下さい。

IMG_2932

ペダルに”R(右)””L(左)”が記載されていますので、必ずチェックして下さい。

後は乗るだけ、楽しむだけ。楽しいピストライフの始まりです。

お問い合わせはお近くのBROTURES SHOPまで、通販をご希望の場合はBROTURES ONLINEまでお気軽にご相談下さい。

BROTURES ONLINE
yokohama@brotures.com
045-413-7875

よくあるご質問に応えたり、自転車選び方の解説やってます。
Q&A

FOLLOW

Related Articles