作業場からの独り言 その8

なぜ世界中がこのクランクを選ぶのか 〜ROTOR 3D24 TRACK(ローター)〜

前回の独り言からだいぶ時間が開いてしまい、すみません。
どんなシリーズだったかは下記から復習をお願いします。
以前の「作業場からの独り言」はこちらから
鳴海は異動になっておりますので
原宿から大阪に場所を移して再度お送りしていきたいと思います。

本日のお題は「クランク」
クルマでもバイクなどのエンジン付き含め、人力の一輪車から三輪車まで
動力の心臓部、自転車でもその名前が付いている「クランク」
81306024010573
エンジンでは、ピストンの往復運動を回転運動に変換するユニット一帯。
自転車では、人間の脚の往復運動を回転運動に変換している部分ですね。

ピストバイクのカスタムにおいて、
走りを良くするためにはクランクにこだわらずして、どこにこだわると言いたい部分です。
ピストバイク用に販売されているカスタム用クランクは
およそですが2万円〜15万円までと大きく幅があります。
今回ご紹介するのは全部一式で、およそ8万円ほどのカスタム。

取り上げるアイテムは「ROTOR 3D24 TRACK」
IMG_6468
海外ではDOSNOVENTAライダーや、
IMG_9848
LEADER x UNDEFEATEDチームバイクなど、
product01
RED FOOK CRIT に参加するレーサー達、こぞって皆が選んでいるこのクランク。
自分も次の一台には間違いなく、このクランクを選ぶでしょう。

クランクの先端側のココ
IMG_6471
と、根元側のココ
IMG_6470
の、2箇所をよく見ると後からフタをするように別パーツが埋め込まれているのが確認できます。
実はこのエリアを切り開くと
3dcrank-l6
中が空洞になっています。
「TDS」と呼ばれる自転車界ではROTOR独自の技術で、
理論自体は、橋やビルなどの建造物で強度を出すために使用される理論の応用。
その構造のおかげで、軽く、強く芯のあるクランクに仕上がっています。

クランク本体、ギア部分のチェーンリングは別売りなのでお好きな組み合わせでカスタム可能。
IMG_6463
IMG_6474
個人的に好きな組み合わせとしては
紹介しているROTOR 3D24 + 国産のSUGINO ZEN チェーンリング。
IMG_6464
ロゴの位置を変えて
IMG_6475
こんな付け方もアリですね。
全てマットブラックの統一感が車体の印象をグッと引き締めてくれると同時に、
軽いクランクの回転力を、無駄なく伝える精度の高いギア歯の組み合わせが
走りのレベルを桁違いに引き上げてくれるセットアップです。
近々カスタムバイクに入れて再度ご紹介しますね。

今回のROTORカスタムを
もし分割でお考えの場合
ROTOR 3D24 TRACKクランク ¥42,000(税別)
ROTOR TRACK ENDURO BB ¥16,000(税別)
ROTOR NO-Q チェーンリング ¥18,000(税別)

ローン12回払いの場合
初回…¥7,320-
以降…¥7,000-

ローン6回払いの場合
初回…¥14,278-
以降…¥13,800-

自転車は人力で回すクランクだからこそ、効率を追求すればするほど
その効果はよりダイレクトに、動力であるライダーへ疲労軽減というカタチで返ってきます。
楽に、速く、長く楽しめるカスタムをご提案していきます。
IMG_9809_mini

763
→ご質問はこちらから←
03-6804-3115
harajuku@brotures.com

以前の「作業場からの独り言」はこちらから

BROTURES OSAKAでは 8月13日〜21日で
「YNOT POP UP STORE IN BROTURES OSAKA」を開催します!
ynot_brotures_image_mini

FOLLOW

Related Articles