ホイール組んでてたまに思うこと。

ホイール組みは割と好きです。

ご注文をいただいたホイールを組んでいる時に、「お、これ調子良さそう」なんて思うモノがあります。
ていうか、だいたいそう感じます。
今回もそんなホイールの一つ。
ご注文いただいたのは下記の組み合わせのカスタムホイール。

H PLUS SON AT-25×SHIMANO DURA-ACE TRACK HUB Custom Wheel
HUB:SHIMANO DURA-ACE
RIM:H PLUS SON AT-25
SPOKE:HOSHI #14

かなり個人的なフィーリングでモノを語っているので話半分で聞いていただけると助かります。
定番っちゃあ定番かもしれないですが、実際に触って組んでいると改めて実感することがあります。
この組み合わせ、重量的には約1kgとそこまで軽いわけではありません。
でもハブやリムの精度が良いと重量はあまり気にならなかったります。
ホイールを組む時、振れ取り台という工具でクルクル回しながら作業をします。
回転が軽やかだからなのか、リムが素直だからなのか、良いホイールはサクサク仕上がるんです。

こちらのホイールは通販からご注文いただいたので実際に話してご相談はしていません。
ですが、こんなご注文があるとメカニックとしてはなんだかちょっぴり嬉しくなります。
ああ、こいつとは長く付き合っていけるな。と根拠はありませんがそう感じます。
値段に関わらず、良いホイールってそういうことだと思うのです。

結局自分でも何が言いたのかわからない、取り留めのない内容になってしまいました。
要は、手組みのホイールは僕らが「乗りやすくな〜れ」って気持ちを込めて丹精に組んでいますよってお話です。
あと、近々通販サイトの方に見やすいカスタムホイールのカテゴリを作るつもりなのでチェックしてくださいね。

ああ、僕もそろそろ新しいホイール欲しくなってきた。。
誰か組んでくれないかなあ。…吉江、よろしく。

toshi

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles