ホイール組んでみます?

良いハブと良いリムで、オリジナルな1本を。

ホイール組んでみます?
ありがたいことに最近増えてきた「手組ホイール」のオーダー。
「ホイール組みは自転車屋の花形」なんて、今はあまり言われないみたいだけど、メカニックの腕が鳴る瞬間であることに変わりはありません。

ホイールを組む?って、ピストに乗り始めたばかりの方は、ピンと来ないかもしれませんね。
ホイールは下記の4つのパーツで組めるんです。自分の好きな組み合わせで。

ホイールの外枠である“リム”
真ん中の回転する“ハブ”
リムとハブをつなぐ針金みたいな“スポーク”
スポークを止める“ニップル”

この4つを好きなように組み合わせて、オーダーメイドで作るのが手組ホイールです。

組み手の個性やセンスがでるので、出来合いの完組ホイールにはない雰囲気があります。自転車に組み込んだ時の印象も、ぜんぜん違います。
見る人が見たら”おっ!拘ってんね!”となるでしょう。選ぶパーツによって性能の違いも出せますし、デザインも自由に決めれる。実にピストらしいカスタムなのです。

さてさて、ご要望の多かったPHILWOODのハブが入荷してきました。

20160906-IMG_6904

PHILWOOD H/F TRACK HUB
PHILWOOD L/F TRACK HUB

左がハイフランジ、右がローフランジ。2種類のハブが入荷しております。
「重い」ということがネガティブな要素とならない唯一無二のハブ。ちゃんと使えば一生買い替えなくても良いハブ。Made in USA。個人的に大好きなハブです。

ハブが手元に来たら、リムは何にしようかな?自然と考えてしまいます。
BROTURES OSAKA的オススのリムはこの3つ。
20160906-IMG_6911

左から「EASTON R90」「STAN’S ALPHA340」「H PLUS SON AT-25」
3つとも軽量なセミエアロリム。今っぽくあり、玄人っぽくあり、1周回った人に刺さるリムなんじゃないかと。
「EASTON R90」は今流行りのリム幅広い系。3つの中では一番硬い気がする。
「STAN’S ALPHA340」は軽量に特化したリム。350g。他の2つより100gも軽い。笑
「H PLUS SON AT-25」は言わずもがな、最近じゃロードレーサーからの支持も厚いとか。オシャレなデザインも◯

20160906-IMG_6914

ホイール関係のアイテムを少しだけご紹介しましたが、その他にもPAULやDURAのハブや、カーボンリムなど多数在庫しております。
スタッフにご相談頂ければ、店頭にないパーツもお取り寄せが可能ですし、ご提案もできます。

ホイールおじさんことチーフメカ鳴海を筆頭に、キモいパーツを探してくる藤本、スーパーサブ佐藤と、三者三様のご提案でお客様を迷わせます。
BROTURESの中でも特に個性的なメカニックスタッフが揃う大阪店。
手組ホイールのご相談は是非、BROTURES OSAKAにおまかせください。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles