トラック、シクロ、コミューター。僕が本気で狙ってるCINELLI MASH WORKについて。

懐深い類稀なプロダクト

昨日、自転車でコケました。2肘2膝もれなく擦りむいて痛むけど、今日も元気に営業中です。

さて本題のCINELLI MASH WORKについてですが、表題の通り本気で欲しいフレームです。フリマでいろいろ売って乗り換えちゃおっと♪
今日は僕がWORKを欲しい理由を書きたいと思います。笑

img_7343

まず素材がクロモリ(鉄)です。今乗ってるKAGEROはアルミ。
鉄はアルミに比べると重たいです。見た目は一目瞭然、細いです。昔、競輪フレームに乗っていたので、その時の感想で言えば、アルミの方が僕にとっては速く走れる素材と思っています。だけど、ぶっちゃけそんなスピードなんて求めない。笑
それよりも粋な組み方した自転車に気持ちよく乗りたい。華奢なフレームのほうが僕に似合ってる気がするし、こういうフレームだとキングのヘッドセットも使えるし♪

20120606_2091479_mini

何色にしようか熟考中。ブラックとシルバーは有り得ないでしょ。笑

img_7340

WORKのカッコイイ所は、やっぱり塗装の仕上げ方。鉄の質感をそのまま味わえる、クリアのみという潔さ。焼きのグラデーションがたまらない。

img_7339

WORKの面白いとこは、35Cまで太いタイヤも履けるように、クリアランスが広く設計されていること。僕は今乗ってるKAGEROにもギリギリ28Cのタイヤを履かせてるくらい、フワフワな乗り心地にハマってます。パセラの太めのやつとか履かせたいな。

img_7342

あと注目してもらいたいのはブレーキ関係。Vブレーキやカンチブレーキを取り付ける用の台座が備わっている。
昨日コケた時にフロントキャリアが曲がっちゃったので、もし治らなかったら台座に取り付けるタイプのキャリアも候補に入ってくるな。

img_0032-712x476_mini

ほら。PAULのVブレーキとか超かわいいよ。

img_7341

忘れちゃいけないのはインターナルケーブルガイド。ブレーキワイヤーの中通しができて見た目もスマートに仕上がります。

cinellimash-work-image_mini-1

ながながと書きましたが、一番は単純にカッコイイ自転車だってことです。
CINELLI MASHって事も大きいですけどね。CINELLI MASHだからカッコイイし、CINELLI MASHだから生まれたプロダクトなのだと思います。
トラックでもシクロでもコミューターでも、なんでも受け入れちゃう懐の深さは、他に類を見ないフレームです。

CINELLI MASH WORK FRAMSET ¥150,000-

パーツ集めなきゃ!!

JUNKI
→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles