ホイールには手組みの温もりを。

ハンドビルド in BROTURES のホイールの使い心地

自転車が自転車であるのに必要な2つの車輪。
ちょっと横文字にして「ホイール」なんて呼んじゃいますが
そのホイールが出来上がる過程で2種類の呼び方をします。
「完組み」そして「手組み」この2つ。

「完組み」
というのは、海外の工場で組み立てられて”完成した状態”で僕らの手元に入荷してくるホイール。
「手組み」
というのは読んで字のごとく、それぞれのパーツを選んで1つ1つ”手作業で”組み上げるホイールのこと。

在庫でも注文品でも、スポーク1本ずつをグリスアップして組み上げたホイールは
振れ(上下左右へのゆがみ)は出づらいですし、調整などのアフターケアもしやすいのが特徴。
好きな色や好きなブランドのパーツを使って、こだわりのオーダーができるのも楽しみのひとつ。
最近の野菜なんかと同じで、生産者がわかるというのは何だか安心するものですよね。

店頭で組み上がっている1本に
「これだ!」
と出会うことは少ないと思いますので
オーダーする際は下記フォームを参考に選んでもらえるとスムーズです、

——————————————————
【リム】
ブランド:
モデル:
カラー:
【ハブ】
ブランド:
モデル:(フロントorリアをご指定下さい)
カラー:
【スポーク】
カラー:(基本的にはブラック又はシルバー。カラースポーク要相談)
ご希望があればブランド、モデルもご指定下さい。
【ニップル】
カラー:(基本的にはブラック又はシルバーですがカラーニップルも相談可能です)
ご希望があればブランド、モデルもご指定下さい。

【その他】
・お客様のこだわりたいポイント →
・お客様のご予算 →
——————————————————

osaka@brotures.com までメールいただいても対応できますのでお気軽にご相談下さい。
店頭でもメールでも電話でも、納得のいく1本を組み上げるお手伝いをさせていただきます。

763
→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles