KAGEROの奥深き魅力を語ろう。

763とJUNKIのKAGEROカスタム

まもなく発表を控える、2017モデルのLEADER BIKES KAGERO。2011年から発売しており、今回で3回目のモデルチェンジとなります。
スタッフの間で最も所有率の高いKAGERO。BROTURES古参スタッフの鳴海と僕が所有するKAGEROは2NDモデルのサンプルを縁あって譲り受けたもの。

img_8156

4年経った今も大切に乗り続けられている2台のKAGEROは、このフレームの奥深き魅力を語る生き証人。
どんなカスタムも受け入れてくれる懐の深さについてご紹介しましょう。

img_8121

img_8145

上が鳴海さん、下が僕のKAGEROです。同じフレームには見えない好対照なカスタムが面白いんじゃないかと。
アッセンブルのパーツがブラックかシルバーかによってもかなり印象が変わりますし、鳴海さんがカーボンパーツに、僕がアルミパーツに拘って組んでいる。
速さを求めるか、快適性を求めるか。乗り手が求める性能によってパーツ選びのアプローチが変わってくることに注目して欲しい。

img_8123

img_8149

2台とも拘りの強いドライブトレインのセットアップ。ダイレクトのSRAM OMNIUMか、昔ながらのSUGINO 75か。踏んでるギア比も違う。ちなみに鳴海さんは3くらい、僕は2.8くらい。ペダルのセレクトが全く違うところにも注目してもらいたい。

img_8130

img_8148

ハンドルまわり、サドルまわりは個性が出ますよね。鳴海さんはENVEを中心にサドルまでカーボンで纏めたスペックフルなカスタム。軽量&高剛性、如何にも速そう。対して僕のはNITTO,RITDHEY,THOMSONとアルミごちゃまぜスタイル。アクセサリーもいっぱい付けて、重さは無視して使い勝手重視。

スペックを記載しときますので、これからKAGEROの人も、すでにKAGEROの人も、是非ご参考に。

763’s KAGERO
FRAME: LEADER KAGERO
CRANK SET: SRAM OMNIUM
WHEEL: LEADER L44
STEM & SEATPOST: ENVE
HANDLE: ONE BY ESU
SADLE: SANMARCO CONCOR CARBON FX

JUNKI’s KAGERO
FRAME: LEADER KAGERO
CRANK SET: SUGINO 75
HUBS: PHILWOOD
RIMS: VEROCITY
STEM: RITCHEY
SEATPOST: THOMSON
HANDLE: NITTO B809
SADLE: BROOKS C15
RACK: SOMA

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1_mini

ほんとそろそろ新しいKAGEROがローンチされますので、
KAGEROユーザーの方は、インスタグラムで自分のKAGEROを見せびらかしてみませんか?

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles