畳とチェーンは新しい方がいい。

ドライブトレインのお話。

女房と畳はなんつって、今じゃ奥方のご機嫌損ねちゃう諺ですが、新しいものはすべてすがすがしくて美しいという意味らしいですな。
自転車にこじつけるなら、チェーンもまた然り。

img_8308

よく仕事サボってメンテしてる藤本のチェーン。一見キレイに見えますが

img_8309

軽く触ってみると

img_8310

あら、汚い。
これじゃ僕のご機嫌の方が損ねちゃう。汚れるのは慣れっこですがね。なかなか落ちないんだ指紋の中入ってこれが。
皆さんも興味があれば、ご自身のチェーンに触れてみて下さい。責任は負いませんよ。

チェーンには潤滑油が添付してあるので、それに汚れがくっついているんです。放っておいても問題はないけど、たまに掃除してみるのも手。
ただし、新品のチェーンほど美しくはならないし、気持ちよくもならない。チェーンは消耗品なのです。
そもそも2枚の歯車と常時接しているのですから、摩耗して当たり前。
お古のチェーンはガチャガチャうるさいし、僕は掃除するのもめんどくさい派なので、もう、すぐ変えちゃう。

img_8314

やっぱ選ぶチェーンは安定してNJS(競輪用)のもの。価格も性能も、もうこれでいいやって感じ。
上から
IZUMI SUPER TOUGHNES ¥6,090-
HKK VERTEX BL ¥2,700
HKK VERTEX SL ¥4,300-

この辺使っておけば、まず間違いない。てか調子いい。
新品のチェーンは走って気持ちいいし、すがすがしい気分になります。できることなら走る度に変えてしまいたいくらいに。言い過ぎか。

もしかしてチェーンが錆びてる方もいるんじゃないですか?
職業柄、店前を行き交う自転車のチェーンがシャリシャリなる度に、目で追ってしまいます。よく気にならないなと。
冗談抜きに最悪切れます。切れたら怖いよー。

変えましょう。新しいチェーンに。折角、いい自転車に乗っているのだから。
チェーンの交換は僕等からすれば軽めの作業です。メンテナンスの時、タイヤとかハンドルとか、何か交換するついでに、お気軽にご依頼下さいまし。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles