再入荷です。LEADER 721TR 完成車。

LEADER史上最高のエントリーバイク。

DOSNOVENTAの入荷でバタバタしておりまして、あまりお伝え出来ていませんでしたが、LEADER BIKEの完成車も再入荷しております。

20160924-img_7111

13-min_copy_2

LEADER BIKE 721TR COMPLETE BIKE ¥100,000-

サイズはXSからXLまで計5サイズ。
カラーはマットブラック、グロスホワイト、マットオレンジ、キャンディグリーンの4色展開。
サイズもカラーも豊富。幅広いユーザーに人気の完成車です。
これからスポーツバイクに挑戦してみようって方、ロードやMTB、クロスバイクからピストに乗り換えようって方。
そんな方に、この721TRはぴったりな完成車です。

エントリー(入門)モデルと言っても、ぶっちゃけ721より安い自転車はたくさんあります。探せば4,5万円くらいで販売しているものもあります。
だけど、ちょっと踏み込んだ話、他ブランドのエントリーモデルと何が違うのか?小難しく説明してみましょう。

721_chart2016_01-min

ひとつはフレーム設計でしょう。
LEADER BIKEオリジナルのフレーム設計を採用している点です。
他社のエントリーモデルであればロードバイクの設計を流用しがち。ロードバイクのジオメトリーは長距離を走る事に特化していて、例え固定ギアだとしても、ピスト本来の乗り心地ではないんです。
721はエントリーモデルにしては珍しくガチなトラックジオメトリーなので、良い意味でピスト本来のクセの強い乗り心地が楽しめます。

imgrc0065784664-min

もうひとつは構造。スポーツバイクの最新の構造を惜しげもなく突っ込んでいる点です。
自転車の進歩ってすごく早いんです。毎年、毎年、新しい規格が生まれます。販売する僕等もこの進歩について行くのが大変で。笑

721で分かりやすい部分は写真のヘッドチューブでしょうか。正面から見ると台形のテーパーヘッドってのを採用しています。
実は以前の721は台形ではなく、上下同じ太さでした。優れたハンドリングと耐久性を兼ね揃えた業界最先端規格のテーパーヘッドをエントリーモデルにも採用しているのは珍しい事です。
上位機種の725,735も同じく、以前のストレートヘッドからテーパーにモデルチェンジをしています。普通はモデルの差を出したいので、エントリーは遅れて採用するものですが、LEADERはそれをしない。それがすごい。

要は721が、本物で最新のピストバイクであり、10万円はとても手頃な価格だということです。

もし、LEADER BIKEの他に候補があるのなら、こういう所も比較してもらいたいと思います。
最初の1台は大切です。出来れば自転車を好きになって貰いたいので、間違いない選択をして貰いたいと思っています。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles