ちょっぴり地味だけどすごく気が利いている。

個人的に推したいRITCHEY。

いまいちBROTURESでは馴染みのないこのRICHEYというブランド。
DEDAほど尖っていないし、THOMSONみたいに根強い人気はないかもしれません。
MTBの創始者として知られるトム・リッチーが創設した由緒正しきブランドなんです。
MTBだけではなくロードバイクへも積極的に参入していますが、ピストで使っている人はあんまり見かけないんですよね。
デザインが少し地味だからなのかな。。
実はすごく気が利いている非常に優れたブランドなんです。

例えばこのWCS EVO CURVEというハンドル。
20161209-dsc06165
上から見るとコウガイビル(閲覧注意)の頭みたいで少し気持ち悪い形状をしているのですが、これが驚くほど手にフィットします。
僕がこれまで使ってきたハンドルの中でも1、2を争う握り心地の良さ。
このハンドルは是非試してみていただきたいのです。

そしてこのWCS C260というステム。
20161209-dsc06132
ハンドルを包み込むような260°の角度がついたクランプ部が面白いですよね。
この独自に形状によってハンドルへの負荷が軽減されるので、カーボンハンドルにもってこい。
オーバートルク(締めすぎ)による破損もしにくくなることでしょう。
20161209-dsc06163
良いパーツと長く付き合うならこれ以上ない配慮ですね。

その他にもデザインが新しくなったCLASSICシリーズもオススメ。
20161209-dsc06154
ド渋なシルバーロゴはシンプルでかなり気に入っています。
そしてRITCHEYのパーツは総じて軽い!
ステムなんてそんな変わらないだろうと思っているアナタ、是非店頭で手にとってみてください。
きっと驚くはずです。

様々なブランド、八百万のパーツが自転車にはあります。
その中でも僕が使ってみてずっと使い続けているパーツに共通することは”気が利いている“こと。
それは誰からも気付かれないくらいの小さな部分かもしれません。
でもそういう自分にしかわからない良さを愛おしく思います。
これからカスタムを考えている方はRITCHEYというブランドを候補にしてみてはいかがでしょうか。

toshi

<<下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから>>

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles