今年の汚れは今年のうちに。

オーバーホールメンテナンスのご提案。

今年も早いものであと二十日。差し迫るクリスマス&年末感の中、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
ことしのハイライトといえば、我が広島東洋カープが優勝したことですかね。嬉しいというかリアクションに困ったというのが正直な気持ちです。
去年の今頃は五郎丸になりたいと思ってましたが、今年は星野源になりたいと思っています。
ぜんぜん関係ないけど。。本題に入ります。

今年一年乗ったあなたのピストバイクをオーバーホールしてみませんか?っていうご提案。

オーバーホールって何?とかオーバーホールって必要なの?って思われるかもしれませんね。
オーバーホールとは自転車を分解・洗浄・再組立する作業のことで、所謂、人間ドック的な。自転車ドック。

dsc_0275_mini

一般的に自転車は2年に1度はオーバーホールしたほうがいいですよーって言われています。車検みたいなものですね。
例えば、一番手がかかるところで言えばBB。

dsc_0231_mini

種類にもよりますが、1年乗ったら一度中を開けて見たほうがよいです。
グリスに付着した汚れは勿論、水や異物の混入を取り除くことで、より快適に走れるようになり、ものとしても長く使えるでしょう。

価格は自転車のパーツを全て分解するトータルオーバーホールで¥20,000に設定しております。パーツ交換が必要な場合は別途パーツ代となります。
お預かりの期間は店舗の状況によりますが、最短翌日お渡しも可能です。

また、駆動系のみのオーバーホールなどセクション別での対応も致しております。
BB、チェーンリング、コグ、チェーンの分解洗浄で¥10,000-が目安です。自転車の状態にもよりますので、各店舗の担当メカニックにご相談して頂ければ、最適な作業をご提案いたします。こちらは店舗の状況、作業内容にもよりますが当日の受け渡しも可能です。

一度分解することで、普段触る事の出来ない箇所をクリーニングすることができます。
例えば、BB、ヘッド、シートチューブ等フレームの中とか、dsc_0236_minidsc_0260_mini

dsc_0287_mini dsc_0280_mini

チェーンリングやコグといった歯車、ブレーキワイヤや各ボルトなど。

dsc_0221_mini dsc_0330_mini
一旦分解、クリーンアップし再度グリスアップすることで、自転車本来の性能を引き出すとともに、固着やサビなどのトラブルからパーツを守る予防にもなります。

洗浄が一番大きな作業ですので、自転車を単純にキレイにしたい方はぜひ。

dsc_0281_mini

dsc_0375_mini

どうせ一度分解するのなら、ついでにパーツ交換カスタムするのもよいと思います。オーバーホールの範囲内であれば別途工賃が発生しませんので、ちょっと賢いかも知れません。

今年の汚れは今年のうちに。
うちのメカニックは融通が効くので、お気軽にご相談下さい。

JUNKI

お問合わせはBROTURES各店舗までお気軽にどうぞ。

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles