STAFF “BAG” CHECK!! Vol.2

必需品のバッグとその中身

カゴを付ける事が殆どないピスト乗りにとってはマストアイテムのバッグ。
前回はTOSHIのBAG CHECKを行いましたが今日は自分のバッグチェックを!

20161218-dsc06303
YNOT Gulper Backpack ¥29,000~ (+tax) カラーにより価格が異なります。

自分が最近愛用しているのはBROTURESとのコラボストラップでも知っている方は多いと思いますが、YNOTというブランドのGulper。

「荷物の大きさや形状に応じてその姿を変えるこの大容量のバックパック、Gulper(ガルバー)は、モデルネームが表すようにどんなものをも飲み込み、運ぶことができる」
と、メーカーの謳い文句通り、小柄(163cm)な自分なら飲み込まれそうです。
自分が使っているのはLARGEサイズ。34~50Lの容量になるので、ちょっとした旅行ならこれ1つで余裕です。

CHROMEの鞄も色々使いましたが、やっぱり他の人と被っちゃうっていうのが悩ましいところ。

20161218-dsc06295
中身に関しては今は冬場なので入れてませんが、汗をかくと着替えたくなる衝動にかられてしまうのでいつも替えの服が入っていたり、駄菓子が好きすぎてグミが出て来たり、いつ使うか分からないハンカチが出て来たり(2ヶ月ぐらい入れっぱ)、最近買い替えたもののあんまり使う機会の無いCanon M5が出て来たりと、振り返るとマジで不必要な物ばっかり。。

自分もTOSHI君同様、色々持ち歩かないと心配になってしまうので出番があるか分からない物まで詰め込んでしまいます。
なので大容量のこの鞄はドストライクでした。

ちなみにまともなライダー目線で言うと外側のジッパーは止水使用。
バッグの両サイドにはポケットもありドリンクやU字ロックもバッチリ入れられます。
防水性能も非常に高く、ロールトップ+2重構造の中はドライにしっかりと保護してくれるので本当に文句無し。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-17-19-31-35

週明けには各モデルのYNOTのBackPack、小物類を取り寄せ予定なので気になる方はONLINE SHOPをチェックしてみて下さい。

adatch

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles