見た目の重要性

自転車のイメージそこで決まります!

自転車を構成するパーツの中でフレームの次に面積を占めているのがホイール。
フレームが同じでもホイールが違えば全く別物の自転車に見える。
言ってしまえば自転車の第二の顔的存在。
そんなホイールだからこそ拘りを持って選びたい所です。
本日ご紹介するのはちょっと珍しい一品!

TNI カーボンリム×AMERICAN CRASSIC TRACK HUB F/R SET¥106,420(+tax)

ハブに使用したのはAMERICAN CLASSICというブランドのローフランジハブ。
BROTURESではあまりお目にかからないHUBではありますが回転性コスパ共に◎
創立者であり現社長でもあるビル・シュックは14歳から本格的に自転車競技を始め、
1970年代にはロード、トラックのアメリカ代表として出場するほどの凄腕レーサー。
ビル・シュックが現役時代には満足のいくパーツが無く、
それなら満足の行くものを自分で作っていこうと思ったのがきっかけ。
プロレーサーながらも親のガレージを利用してパーツを作っていたそうです。

リムはTNIのカーボンチューブラーリム!
こちらはリム単体で¥28,000(+tax)とかなりお手頃な価格。
重量も340gと軽量で、一般的なアルミリムと比較しても100g以上も軽く仕上げてあります。
チューブラーリムのためクリンチャータイヤよりも空気圧を高圧に保つ事ができ、
クイックな反応かつ、力をロスなく推進力に変えてくれます。

実際に重量を量ってみると
フロントが約600g,リヤが約800g、前後合わせても約1,400gともの凄い軽さ。
CORIMAの三本バトンホイールがフロントで800gなのでその軽さはお分かり頂けるはず。
自転車を軽量化すると漕ぎ出しや、上り坂が非常に楽になるので軽いに越した事はない!
是非一度手に取ってその軽さに感動していただきたいですね。
そしたらついでにくるっと回してみて下さい、きっと欲しくなっちゃうはずですから!

YOSHIE

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles