何故25Cなのか

タイヤの太さって23Cが良いの?25Cが良いの?細い方が早そうじゃない?
よくある質問TOP10ぐらいには食い込んでくる質問。ですが細けりゃ良い!ってもんじゃないんです。

理論的に考えるとメリットデメリットはあります。

上記の画像を見てもらって分かるのですが下の黒枠の中の赤い円が地面との接地面積。25Cの方が幅が広く寸胴な形状に、23Cに関しては幅が狭くなりますが縦幅が長めに。
この面積に関しては23Cも25Cもほとんど同じということで実は23Cの方が同じ体重、空気圧を入れても潰れる変形ってこと。変形の少ない25Cの方が抵抗が少ないってことになります。

でもぶっちゃけ25Cの方が太いんで重量が増えちゃうんです。

自分が愛用しているContinental 4000s Ⅱに関して言えば
23Cで205g
25Cで225g
前後変えれば40gの差が生まれます。

重量が増すとやっぱ加速力は落ちちゃいますね。。でも巡航時の抵抗の少なさからスピードに乗った後の良さは感じれます。

海外のクリテリムレーサー、またロードバイクレーサーもこぞって25Cを使用しており今の主流は25Cとの事。

自分もここ1年ぐらいは25Cの4000sⅡを使用しています。簡単に感想を言うと「乗り心地が良い」って感じでしょうか。

安定した感じもあるし、ハンドリングのクイックさが上がったって感じでもあります。

早さに関してはぶっちゃけ感覚的には同じなので、より快適な25Cを使い続けてます。

 

ここまで話しておいてなんですが、25Cのタイヤがドンピシャでお勧めな方がいます。

ワイドリムを使用しているあなたです。ワイドリムってなんじゃって話ですが、ワイドリムとはその名の通り幅の広いリム。

今の自転車業界の流行りで、例えばHED Belgium “PLUS”、 EASTON SL90、H PLUS SON HYDRAなどなど

上記のようなナウいワイドリムであれば25Cのメリットを存分に体感して頂けます。

別に日々1秒を争って狙っているレーサーではありませんが、何も考えずにContinental Gatorskin 23Cを限界が来るたびに購入し直している方、次は25Cを使って見ませんか?

 CONTINENTAL タイヤはこちらから

adatch

 

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles