カスタムオーダーのすすめ

CINELLI VIGORELLI CUSTOM BIKE !!

BROTURESで自転車を注文する場合、二通りのやり方があります。

・メーカーが出している完成車を選ぶ方法。
・フレームから全てのパーツを自分で決めてカスタムオーダーする方法。

この2つです。

リーダーバイクを始めとして、今では多くのメーカーが完成車を作ってくれています。当たり前のようですが、ひと昔前は珍しかった。リーダーバイクも完成車が出たのはほんの4,5年前の事です。そして完成車があることはありがたい。
ユーザーにとっては、比較的安価にピストバイクを所有することができ、僕たち販売店としても完成車は販売しやすく、組付も効率的。ピストバイクを広めるにあたって実によく出来たシステムのように感じます。経済的だしね。

でも、本当にオリジナルな1台を手に入れようとすると、フレームから一からパーツを決めて組むしかない。
単品でしか販売してないフレームもたくさんあって、そういうやつは、そうやって組むしかない。

いや、それが醍醐味ってもんだ。

じゃどうやってオーダーするかというと。
まず、フレーム単品(フレームセット)で販売しているフレームを選びます。

リーダーバイクなら721TRとCUREは完成車のみの販売となるので、725TR、735TR、KAGERO。
ドスノヴェンタは全部。
チネリならBOLT、HISTOGRAM,WORK,PARALLAX,そしてこのVIGORELLI。

あとは、アーしたいコーしたいを僕らに伝えて頂けると結構いい感じになります。
「このパーツで組んでくれ!」そんなご指名があったら話が早い。メーカーカタログ引っ張り出して、一緒に悩むのも悪くない。たぶんめちゃくちゃ楽しい時間になると思います。

カスタムオーダーしてもらうと細部まで拘った、1台が出来上がります。

たとえば、ホイールだったら、スポークやニップルまで拘れます。
バーテープなんかも、面白いの使ったらいいじゃないですか。

性能が飛躍的に伸びるとか、そういうことじゃなくて、「自分で選んだ、自分で決めた」ちうことが、カスタムオーダーでしか味わえない経験で、それは出来合いの完成車にはないものだと思います。

完成車を選ぶことが悪いとはいいません。そこから育てる事もまた一つの楽しみですし、経済的にも優れています。
しかし、カスタムオーダーすることが非効率的とも思いません。
自分の意志、意図が全てのパーツに通ったバイクは、やっぱいいもんだと思ってますし、皆さんにもそれを感じて貰いたいので。

JUNKI

BROTURES OSAKA STORE from BROTURES OSAKA on Vimeo.

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←

大阪市西区南堀江1-19-22
osaka@brotures.com
06-4391-3313

https://www.facebook.com/BroturesOsaka/
https://www.instagram.com/brotures_osaka/
https://twitter.com/BROTURES_OSAKA

FOLLOW

Related Articles