LEADER BIKES 735TRと725TRの違いについて

店頭でもよく聞く話しですが、きっとこのブログを読んでくれている人の中にもきっといるはず
「725TRと735TRの違いってなに?」
今日はそんな話題にクローズアップしたブログをご紹介したいと思います。
今正に購入を悩まれている方は必見です。

735TRはLEADERの最上位モデルゆえに、725TRよりもコンポーネントがグレードアップ

ピストバイクを組む上で非常に重要となってくるパーツ、クランク
語弊はありますが車やバイクで言うとエンジン部のようなもの。
漕いでる足とも繋がってる訳で、それはそれは、ココの善し悪しでその自転車の善し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。
735TRと725TRを比較した時に、まずこのクランクが違います。

【725TR→Sugino Pista Crank】

【735TR→VISION DISC CRANK】

見にくい方の為に、735TR VISION DISC CRANKの拡大画像を。

何が良いって、SUGINO製品のクランクも悪くはありませんが、VISION CRANKは円盤の為、漕いだ力がフルに自転車へと伝わります。
よって725TRよりも省エネルギーで、圧倒的な推進力を手にする事が出来ます。
後々カスタムしたら工賃も¥5,000前後掛かってしまうので、735TRのこの仕様は本当に嬉しいポイント。
値段の差もここのパーツの影響が大きいです。

実はよーく見ると、それぞれ違った特徴をもったジオメトリーを採用している

735TRと725TR、太さ以外には何が違うの??
パッと見ではフレームの太さ違いが目立ちますが、実はもう1つあるんです。

それはトップチューブの長さ。

トップチューブとはこの部分のパイプの名前を、そう呼んでいます。

この部分がハンドルまでの距離、つまりは乗車姿勢に大きく関わってくる訳です。
短いトップチューブを採用した735TRは比較的楽なポジショニングで乗る事が可能。
長めのトップチューブを採用した725TRは、より攻めた姿勢によりスピード重視のセッティングに向いています。
それぞれ選ぶサイズやステムによって違いは生まれますが、フレーム単体でみたらこのような事が言えます。
それを踏まえて735TRか725TRか、選んでも面白いのではないでしょうか。

ブランドイメージカラーを体現した735TRに対し、725TRは豊富なカラーバリエーションが人気の理由

LEADER BIKES=白黒というイメージは、紛れも無く735TRから付いたイメージでしょう。
しかし、対する725TRの魅力はやはり豊富なカラーバリエーション。
735TR同様、マットブラックとグロスホワイトの2カラーは健在ですが、その他にも、、、

生まれ故郷であるカリフォルニアライクなSEA FOAM GREENや

かの有名なスポーツカーを連想させる鮮やかなグロスレッド等、魅力的なカラーバリエーションが魅力の1つ。
もしかしたら今後7シリーズの新カラーも出るかもしれないので、チェック宜しくお願いします。

とまあ、まだまだありますが、分かり易いところで言ったらこんなとこでしょうか。
その他の事で詳しく聞きたい方は、是非ともお気軽にご相談下さいませ。
LEADER BIKES購入の為に、全力でサポートさせてもらいます!!

BROTURES HARAJUKU
03-6804-3115
harajuku@brotures.com

YUSUKE

FOLLOW

Related Articles