純正ペダルはおまけのようなもの。

自転車の中で直にカラダと接するパーツは3つだけ。グリップ(ハンドル)、サドル、そしてペダルです。
この3つは、直に触れているだけあって、個人の好みがはっきりと表れるパーツだと思います。しかし、ペダルに拘りを持つ人はブリップやサドルに比べて少ないのではないでしょうか?

試しに他のペダルを踏んでみてください。たぶん違和感と気持ち悪さを感じるはずです。足の裏は意外と敏感なんです。

ペダル選びのポイントはまずペダルストラップとトークリップのどちらにするか、から始めると良いです。

ペダルストラップは比較的新しいスタイルで、FGFSなどトリックをする人は大抵ベルト式のストラップを使用します。ホールド感が強く、スキッドなどペダルを無理くり引き上げた時の安心感があります。初心者の方はこれから始めるのがおすすめです。靴を選ばないのも利点。
使用するペダルはBMXやMTB用のものを流用します。厳密にピスト用があるわけではありません。素材はプラスチックからアルミ、マグネシウムまで多様にあります。
BROTURESオリジナルのペダルはプラスチック製で価格も手頃です。反射板の付いた完成車のペダルはぶっちゃけダサいので、とりあえずこれにしてみるのが良いでしょう。

TIOGA D Spyder Pedal ¥10,800-
MTB系のペダルは踏み面のピンを着脱できるものが多いです。これで自分の好きなグリップ感を調整できるのはとても便利です。またベアリングはシールドベアリングを採用しているモデルを選ぶと良いです。

トークリップは昔ながらのスタイルで、トークリップとトーストラップを付けて使います。上記のペダルストラップに比べてホールド感は弱めですが、つま先の位置が決まるので常に母指球の位置を保ちながらペダリングができます。ボリュームある靴とは相性悪いですがクリップにもサイズがあるので、ご相談いただければと思います。
使用するペダルは競輪用やロード、ツーリング用のものです。こちらも中位モデル以上になるとシールドベアリングが採用されていますので、そちらのほうがよく回ってオススメです。

MKS Urban Platform ¥4,800-
踏み面はモデルよって大きさ形状が様々です。この三ヶ島のペダルはやや大きめでフラットなペダルです。つめがついているので、トークリップを装着する際の操作性が良く、回転も滑らかです。価格も良心的で個人的に一押しのペダル。

ペダルの回転ってそんなに重要かと思うかもしれません。踏んでるときにはさほど感じませんが、ストラップを着脱する時は特にストレスを感じます。
ペダルストラップの装着はこんな感じで行います。コツを掴むまでは意外と苦労するんだ。

極端な事を書きますが、完成車の純正ペダルはおまけと考えて下さい。
スポーツバイク全般に言えることですが、ペダルが付属しない完成車の方が普通で、ペダルが付属するものでも明らかにスペックに低いものが付いています。

反射板の付いた樹脂のペダル。回してゴリゴリ。ぶっちゃけダサい。交換を前提としているパーツと言っても過言ではありません。
それほどにペダルは乗り手と蜜な関係にあるんです。
だから少し慣れてきたらお気に入りのペダルを探しましょう。

JUNKI

メールでもご相談頂けます。

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles