もはや性癖!toshiの悪いクセと自転車ドック。

愛車と長く付き合うために大切な事。

自分のチャリはパーツにダメージが残らない程度にメンテしません。toshiです。
一気にメンテした後のすこぶる調子良くなる感覚がたまらないんです。
たぶん性癖です。絶対マネしないでね。マジで。

とは言っても、ある程度調子悪くても全然乗れちゃうのがピストのすごいとこ。
でも乗れるからってそのままにしておくと必ずパーツにはダメージが蓄積されます。
結果的にパーツの寿命を縮めることになったり、最悪事故にもつながりかねません。
外見は問題なくても内側にそのサインは潜んでいるかも。
なので年に1度でも構いません、人間ドックならぬ”自転車ドック”してあげてください。

こちらは先日オーバーホールのご依頼を頂いたお客様のCARTEL BIKESのAVENUE LO。

別のショップ様でご購入されたそうですが、大歓迎です。お気軽にお持ち込みください。

サドルやバーテープが破れちゃったり、なかなか乗り込まれているご様子。

案の定、BBを開けてみるとちょいちょいサビてました。

組み付けの際にグリスアップしてなかったのかな?手遅れにならなくてよかったです。

このままだとサビが進行したり腐食しちゃうので、タッピングで清掃して精度も出します。

そしてすごく危なかったのがクランクボルト。

写真じゃわかりにくいですが、このボルトが緩んでてグラグラでした。
そのまま乗ってると最悪チェーンリングが千切れる事もあるので要注意。

ヘッドパーツのベアリングもサビや汚れまみれでグリスが飛んでました。

意外と走行中に負荷のかかるヘッドパーツ。
目立たないからって放置しておくと、ハンドリングがゴリゴリしたりガタつきが取れなくなることも。

ここもたっぷりグリスまみれにしてやりましたよ。ええ。

他にはホイールの振れを取ったり、痛んだブレーキワイヤーの交換、各パーツのグリスアップと増し締めを行いました。
ついでに破れていたサドルとバーテープを交換。


オーバーホールついでのパーツ交換は工賃がかからないので、実はカスタムのチャンスだったりします。

お持ち込み頂いた時点での状態と比較すると、スペックはそこまで変わってないけどかなり調子良くなったのではないでしょうか。

オーバーホールすることで次に優先的に交換した方が良いパーツなどもハッキリします。
今はまだ現役で頑張ってくれているパーツも、替えどきを見逃してしまうことで連鎖的に他の部分にも悪影響を及ぼすこともあります。
そんな将来的な不安要素を取り除くのもオーバーホールの重要な役割なのです。

長く乗ってるけどそこまで調子悪くないしなあ、なんて方こそ今一度愛車を見直してみませんか?
自分が思っている以上にガタがきてるかもしれませんよ。

toshi

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles