フレーム交換

ピストバイクは楽しみ方の多いアイテムだと思います。走ったり、トリックしたりといった「乗る」楽しさもあれば、ピストを通じて仲良くなった友達と語らう「繋がる」楽しみ。そして、自身の愛車をカスタムする「イジる」という楽しみもあります。

フレームを交換するという行為は「イジる」楽しさの極み。ひとつのハイライトとなるシーンであり、上級者の楽しみ方なのかも知れません。

先日、LEADER BIKES 735TR からCINELLI MASH WORKへ乗せ換えの依頼を頂きました。
ドライブまわりなど、拘りの詰まったパーツ達はそのまま受け継いで。

新たに、趣の違ったハンドルやブレーキを新調して頂きました。

生まれ変わったバイクは、同じパーツを使おうと全く違った乗り心地となったでしょう。
フレームを交換して分かることは非常に多く興味深いです。素材の違い、ジオメトリーの違いというのはバイクの特性を決める上で最も重要な事ですから。

個人的な意見ですがフレームは”縁”だと思っています。
毎シーズンのように新しいフレームが発表され、既存のフレームもモデルチャンジし、また多くのフレームが廃盤となります。僕自身、探して手に入れたフレームに乗ったことがありません。たまたま出会ってピンときたフレームに乗っています。
あの時のあれが欲しいというご相談をよく受けますが、それは自分で引き寄せて下さい。
出会ってピンときたのならその時に買っておいたほうがいい。

今なら絶対CINELLI MASHシリーズ。

今回乗せ換えたCINELLI MASH WORKは残りLサイズが最後の在庫としてあります。

そして、CINELLI MASHの代表作と言っていい、BOLT(¥125,000-)PARALLAX(¥108,000-)もメーカー在庫限り。こっちもウカウカしてられない状況となっております。
この2本はWORKほどルックス的なクセがなく、アルミ本来の反応の良さを楽しんで貰えるフレームです。僕個人的にもDOSNOVENTよりMASHの方が好き。量産品を舐めてもらっちゃ困る。

役目を終えたフレームは、弊社で下取させてもらう事もできます。

新しいフレーム代 + 工賃 – フレーム下取 = 乗せ換え料金 となります。

フレームを交換する時は、ヘッドパーツやシートポストなど一部交換が必要なパーツが発生する場合があります。
フレームの規格やサイズ感など、分からないことがあれば、電話でもメールでもお気軽にご相談下さい。
〇〇から▲▲に乗せ換えたい。そんな感じで言ってもらえれば直ぐにお見積致します。

JUNKI

ご相談は下記のテンプレートを使ってメールでもお電話でもお気軽にどうぞ!
→お問合わせはこちら←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles