僕が競輪フレームに乗らない理由

ピストバイクに於ける取捨選択

どんな形でピストバイクに入ろうと、誰もが一度は所有欲に駆られるNJSのフレーム。
競輪に使用されるNJSのフレームは全て日本人ビルダーのハンドメイド。
その生い立ちや成り行きなどのストーリーだけでも様々で非常に面白いんです。
もちろん品質は世界的に見てもトップクラス。
何よりもその造形美。日本が誇る職人芸の極みです。
そしてピストバイクの歴史に於いて競輪フレームに触れずにいることはできません。
そもそもNJSとは?原宿店のKIYO君がNJSパーツをブログでわかりやすく解説してくれているのでそちらをご参照ください。


競輪パーツカスタムの楽しみ方

では何故こんなにも素晴らしいフレームを僕は選ばなかったのか。
理由は至極簡単。街乗りに向いていないから、です。
ピストと言えばブレーキ問題。競輪フレームは競技用であるが故にブレーキを取り付けられる構造になっていません。

競輪フレームに取り付けるブレーキ台座というものもありますが、せっかくの造形美が台無しになっちゃうようでどうしても好きになれないんです。
41346694_o1

あとは中古というものにも抵抗を感じます。
基本的に市場に出回っている競輪フレームは中古です。
となると、そのフレームの状態をしっかり見極められないと後悔することになるかも知れません。
実物を実際に確認できないオークションなどの個人間売買では、尚更注意が必要になることでしょう。

また、使えるパーツが少ないという点も考えものです。
競輪ではルール上、NJSパーツ以外は使用できないので、たくさんの種類のパーツが付けられる必要はありません。
なので現行の流行りのパーツだったりが使えないことが多々あります。
折角カスタムが自由なピストに乗るなら好きなパーツを使いたいですもん。
ついでにNJSパーツは比較的メンテナンスが大変です。
競技用の自転車を街乗りするが故のデメリットですね。
日々の足として使うならそれなりの根気を持って付き合う覚悟が必要です。じゃなきゃすぐに倉庫の肥やしになることでしょう。

と、個人的な主観で書き留めてみたところで、本当に好きな人はそれでも乗っているんです。
以上のことを受け入れることができるなら、競輪フレームは非常に魅力的な自転車。
ただ、競輪フレームかっちょいー!ってだけでなくそれがどんな自転車なのかを知った上で選んでくださいってこと。
ぶっちゃけ僕もNJS欲しいですもん。。矛盾してるけど、どうしたってカッコイイですもんね。
自分にとって何が必要で、何がいらないのか。
そこをハッキリ明確にさせることがピストバイクを選ぶ上での「軸」が見えてくると思います。
だから僕は競輪フレームは乗らない。

そして実はBROTURESでも競輪フレームの取り扱いがあります。
BOMBER PROかGAN WELLの2ブランドのみですがオーダー可能です。


こちらは受注生産となりますので、ご希望の方はメール、または店頭へお問い合わせください。
上記のビルダーさんでしたら「競輪っぽい見た目の街乗りピスト」のフレームのオーダーもできちゃいます。
また、中古の競輪フレームはBROTURES OUTLETに入荷することもありますので、そちらも合わせてチェックしてみてくださいな。

toshi

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles