2021を締め括る。

2021.12.10
Kichijoji
ミヤ
IMG 5594
IMG 5635
IMG 5601
IMG 5609
IMG 5605
IMG 5606
IMG 5610

炊飯器を買い替えたんですが、前のやつもまだ使えるので、
ずっと夢だった「低温調理」に挑戦してみました。

・鶏胸肉
・ネギの青い部分
・生姜
・ごま油

これらをジップロックにぶち込んで、お湯を入れた炊飯器で1時間「保温する」だけ。
仕上がったらジップロックに塩を追加して30分寝かして完成です。

明日はこれにかけるかけるソースをご紹介します。

どうも、速水もこ、、ミヤです!

さて本日は、まだまだリリースから間もないピスト界の新星

TYRANT BEASTIE FRAME SET ¥93,500(TAX IN)

“BEASTIE”をカスタムしてみました。

TYRANT BEASTIE CUSTOM BIKE ¥460,815(TAX IN)

今回はピスト乗りなら一度は試したい、「カーボンディープリム」を贅沢に前後に搭載した王道のカスタム。

BROTURES SHRED88 CARBON WHEEL

Front¥60,500/Rear¥64,900(TAX IN)

88ミリハイトの極ディープなカーボンホイール。
日頃BROTURESにお越しの方であれば、もはや説明不要の超名作&ロングセラー商品。

カーボンのマットな表面感がたまらなくセクシー。
思わずディープリムであることを忘れるほどの軽さ、空力。
最高です。


BROTURES Full Carbon Dropbars ¥42,900(TAX IN)

今回はハンドルも足元のShred88に合わせて、BROTURESオリジナルのカーボンドロップバーをチョイス。

ロードの流用ではなく、ドロップとリーチを独自のノウハウで調整した妥協のないハンドル。
言わずもがな軽量・衝撃吸収性に優れ、使用するライダーを選ばないコンフォータブルさが魅力。

そしてこれだけハードなカスタムを加えてもなお霞むことのない
“BEASTIE”というフレーム本来の魅力からも目が離せません。


特にシルバーの箔押しによって演出されたフレームデザインは
これまでのピストバイクにはなかった繊細な高級感を放ちます。

さらに、このフレームを紹介する上で欠かすことのできないディテールが、

“アワーグラス形状”を採用したシートステー設計。

時代の流れを読んだ現代的なミニマルテイストでありながら、
しっかりと伝統の技術をも落とし込んだ唯一無二のフレームです。


跨ったが最後、二度と手放したくなくなる。
まさに2021年の買い物のラストを飾るに相応しい、至高の一台です。

お財布と奥様にご相談の上、ぜひご注文お待ちしております。

それでは。



FEATURED PRODUCTS

ミヤ
BROTURES Kichijoji

北海道出身。札幌でピストにハマる。 接客・メカニックから撮影・ライティングなどなど、なんでも屋です。 王道のカスタムからニッチーなカスタムまで、ライフスタイルや好みに合わせて幅広くご提案致します。

BROTURES KICHIJOJI
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2【MAP】
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com
月・火・水・木・金 12:00~18:00
土・日・祝 
    10:00~18:00



BROTURESでは各店、スタッフを募集中です。

採用情報について、詳しくはコチラをご覧ください。