選択肢を広げよう。

2018.01.20
Osaka

先週のブログでご紹介しましたL44 × DURA-ACEのホイール。
有難いことにその日のうちにセットでSOLD OUT。
ブログを書いた人にとっても、そのホイールを組んだ人にとっても本当に嬉しかったことだと思います。
どっちも僕なんですけど。えぇ。
ブログ頑張ろ。

で、今日のホイール紹介はこれ。


既に、インスタの方ではアップしましたお客様のKAGERO。
この車体に使用されている前後ホイールをご紹介。

まずはフロントから。
STAN'S ALPHA400 × CHRIS KING R45 FRONT HUB


このフロントに使用しているALPHA400はディスクブレーキ用リムの為、リムサイドまでがブラックアルマイト仕様。
リム単体重量はメーカー表記415gと軽量でありながら、剛性確保もされた物。
現在は生産終了で中々手に入れづらいけど、大阪店にはALPHA340といったALPHA400よりも軽量なリムが二本のみストックしてます。これもまた生産終了品なので持っておくってのは大いにあり。

でもってハブにはCHRIS KINGさん。
ピストに使っている人は少ないですが、世のローディーからはいつだって高評価なこのハブ。
軽量で、よく回るし、何より高剛性。数あるロードハブの中でも品質は確実に上位クラスでしょうね。
カラーやホール選択数も多いので、選択肢の一つに加えてみて。

次、リアはこれ。
STAN'S GRAIL × PHILWOOD HIGH FLANGE REAR


こちらのリムもまたSTAN'S。名はGRAIL。フロントと同じような見た目してますがモデルが違うし、作りも大きく違います。
STAN'Sと言えば軽量リムが多く存在する中で、このGRAILはメーカー表記460gとやや重め。言うても重いってほどでは無いですが。
重量がただ重くなっただけでは無く、リム幅も24mmとワイドリムになってます。
そしてSTAN'SのALPHAシリーズは軽量が故に組む際にある程度なしなりを感じるわけで、少し柔らかいなって印象ですが、このGRAILはそのしなり感が良く、剛性の高いリムになってると思います。
スキッドとかする人にはこれくらいの剛性は欲しいところなんで、リアにいかがでしょう。

リアハブにはPHILWOOD。新品ならではのこの光沢。カッコエエですね。
ガシガシ乗り込んでも問題なく、アジの出てくるこのハブ。
乗り込んでいってくださいまし。

BROTURESではあまり馴染みのないSTAN'Sをリムに使用した今回のホイール。
リムに独自の技術を採用するなど僕としては面白いブランドです。
STAN'S自体を知らない方はまだまだ多いかと思いますが、これを機に覚えておいてくれると良いかもです。
軽いだの剛性どうとかもありますが、なんたってホール選択数が多く、様々なハブとの組み合わせを実現してくれます。
きっと手組みホイールの選択の幅を広げてくれることでしょう。
僕も今回紹介したGRAILリムは愛用してますし満足してます。だからこそオススメするってのもありますね。

もちろん今週もあります。
藤本の競馬予想
まずは前回の結果から。
ハズレ、、、と。センスないわぁ、自分。
さぁいつ当たるのかな。
それとも連敗記録伸ばしていくのかな。

今週のレースは 中山 11R AJCC (G2)
ではでは予想はこちら↓↓↓
1 レジェンドセラー 2 トミケンスラーヴァ 3 ミッキースワロー 5 ゴールドアクター 7 ダンビュライト
もう今回は軸とか言いません。来ないから。
で、三連単も買いません。馬単に切り替えます。
願いとしては2 トミケンスラーヴァが二着内に来てくれればと思っとりますがね。
なんなら1 レジェンドセラーが二着内でもいい。
この5頭にうち2頭がくれば賭け金次第ではいい飯食えるし、いいもの買えますからな。
自信なさげな感じを文章で出してますけど、もう今日の店内で明日の予想は当たるとほざいてる自分がいます。
周りのみんなは何言ってんだこいつ的な感じですけどね。
明日の結果もお楽しみに。

フジ

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台