これ、流行り?

2018.01.27
Osaka

寒いですね。毎日通勤で乗ってはいますが、本当に自転車に乗るのが億劫になる。
でも、今日は2018年一発目のグループライドやりますよ。
来てくださいね。行くとこ決めてないから一緒に決めましょ。

この前、横浜のトシくんもブログで僕について少し触れてくれてましたね。
ホイールと競馬ばかりと。全くもってその通り。
会った事無い人は僕に対してそのイメージが多少あるかもしれませんが、仲良くしている人からもそう思われているぽいので否定のしようがない。
何より否定する気も無い。

では、今日も先週に引き続きお客様のホイールをここにて僕なりの説明を加えて紹介。

H-PLUS SON F30 × GREDDY リボルバー REAR


リムに関してはお客様の持ち込みで久々に組みましたF30。軽くなく、見た目や重さから想像するほど硬くなく。なんとも言いづらい。
ディスではないよ、決して。率直な感想なだけですよ。
いいとこは真っ黒で30mmのリムハイトのアルミリムってこれくらい。ほんとに唯一な気がする。

ハブには僕が大好きGREDDY。ここらかリリースされているハブの種類は3つあり、ライト、モホーク、リボルバー。
今回お客様がチョイスしたのがリボルバー。まぁゴツい。横から見たら名の通りリボルバーって感じ。
GREDDYのハブはハブ単体で言えば兎に角回ります。ベアリングに特別良い物を使っているわけでは無いのにです。それはもうスルスルですよ。
ハブシェル側の高精度な作りから実現されている回転性はPHILWOODなどと違い長寿命かと言われればそうでは無いと思います。
フレーム精度によっても回転性は異なる事だってあります。
それでも使ってみる価値は大いにあるでしょうし、今やもう生産終了となっていますので在庫分だけです。
今回紹介しているリボルバーに関してはリアのブラック・シルバー共に少しの在庫ありますが他のモデルはカラーによっては無いです。
ハブだけ確保しておくなんてのも良いかもですよ。

TNI AL22 × PAUL HIGH FRANGE REAR


安く良い物を組みたいと言うざっくりした依頼から生まれましたこのホイール。
リムにはTNI AL22。このリムは先週のブログで紹介しましたSTAN’S ALPHA340という軽量リムに匹敵する重量なわけで、軽いです。
実測382gとアルミクリンチャーリムとしては最軽量に近い。AL22はKINLINの廃盤になっているであろうモデルのXR-200のOEMではないのかと思ってます(個人的な見解なので違ったらごめんなさい)が、ジョイント部分の仕上げも綺麗で、スポークテンションも中々張れます。
AL22は軽さに突出しているし、価格も価格なのでコスパは高いと思います。
このTNIというブランドは安物売りなイメージ持たれがちですが、僕からすればリムは値段に対する品質は高く、侮れないブランドです。
どっかのCMの言葉をお借りするなら、お値段以上TNI」です。

ハブにはPAUL。このハブも久しく見ましたし触りました。PAULの物作りは本当に丁寧かつ綺麗ですね。
軽く説明するならば、ハブのシェルは6061番アルミを削る事で作られており、その作る段階では、四つの異なる工程を要しています。
そこで終わる事なく、フランジに六つの穴を空ける事でハブ自体の軽量化も考えられています。こだわりがすごいですよね。
でもって、意外と知られていないのがベアリング。PAULのハブには純正でEnduroのベアリングが使用されています。
Enduroとはmade in usaの世界でもトップクラスのベアリングメーカーです。ベアリング単体を購入するだけでもお高い代物。
そしてリアに関しては購入すれば付属でロックリングがきます。これまたどえらいゴツいし、PAULのだって一目でわかる。こういうのも嬉しいですね。

タイトルにもあるように、流行り?って思わしてくることが一つ。
最近のお客様から依頼されるホイール組みの組み合わせはリム・スポークがブラックのハブがシルバー。
先週紹介したホイールもそうでしたし。なんだろな。さほど気にしちゃいないけども。

今回紹介した物は持ち込みの物があったり、ざっくりしたオーダーであったりするわけですが、そんな事は全然大丈夫です。
ホイールに悩んでいるなら頼ってくだっさいまし。予算と目的に応じた組み合わせで良い物提案させて頂きます。

来ました。
藤本の競馬予想
まずは前回の結果から。
当たり。もう一回書いとこ、、、アタリ。
なななんと当たっちゃった。まぁ順当な感じの当たり方。
当たっても当たりのオッズが低いからどうせ負けてるだろうとか思った人もいるのかな。
勝ってますからね。僕は。先週のブログで馬単に切り替えると言いましたし、買い方次第とも書きました。そう、買い方!!
オッズは低くともそこにぶっ込めば勝つんです。
勝った時はここぞとばかり調子に乗ります。乗らせてください。けど嫌われたくは無いのでここらで辞めときます。

今週のレースは 京都 11R シルクロードS (G3)
ではでは予想はこちら↓↓↓
1 ファインニードル 2 アレスバローズ 5 アットザシーサイド 8 ダイアナヘイロー 13 カラクレナイ 15 ナックビーナス
今回の僕の賭け方は、前回に引き続きで馬単
完全に先週の味を占めてますね、これ。
15 ナックビーナスが来てくれたらなんて思いながらそこに張ろかな。
明日になったら財布が潤ってるんだろ〜な〜楽しみだな〜。

フジ

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台