#trackcross

2018.02.09
Osaka

インスタグラムって面白いよねー。部屋にいながらにして世界のローカルが見れるんだもの。
最近気になるハッシュタグが今日の題材。

#trackcross

うちはあまり接点ないんだけど、シクロクロスは日本にも徐々に定着しててピストからシクロに面白さを見出す方もちらほら耳にしたり。シングルシクロなんて言葉も聞き慣れて来ました。
そしてトラックシクロ?(日本じゃなんて呼ばれるんでしょう?)なんていうシングルシクロの進化系とも退化系とも言えるジャンルも登場してるみたいです。笑


これ見てて面白いそうなんですよね。
ノーブレーキのトラックバイクでオフロードを走ってるから、外から見た感じスピード感ないですが、固定ギアで乗るのは結構難しいだろうし、スリリングで楽しそう。。なにより、わざわざこんな事やらなくてもいいのにー。普通にシクロバイクで走ればいいのにー。っていう感じね。
わざわざトラックバイクで公道を走った、あの精神に通じるものを感じるのは僕だけでしょうか?

ていうのを踏まえて今日のカスタムバイクはTUTTOです。
32Cのブロックタイヤを履かせてオフロード兼用的な感じで組んでみました。グリップのいつものCULTではなくてロックオンタイプのOURYをセレクトしています。
車間なんか関係ないからNITTOのワイドバーはそのまま使って、サドルは泥もへっちゃらなBROOKS CUMBIUM。

絶対汚れるのに、白ハブってのがポイントだったりします。もうね、ギトギトにして家の人に怒られて欲しい。そんなイメージのバイクです。
こちらのカスタムバイクでだいたい21万円。意外と手の届きやすいようにしときました。

街乗りでもぜんぜん調子いいと思いますよ。
ご興味あればぜひご相談下さい。

JUNKI

ご相談は下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話でもご相談頂けます。
→ご相談はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台