OSAKA店推奨、チェーンメンテにオススメな”オイル”三選

2018.02.14
Osaka

日々自転車に乗っていると、気がつけばペダリングと一緒に
「からから。。。。」とか「じゃららら。。。」と音が気になるなら、おそらくチェーンのオイルが切れてるかも。

こまめにやってほしい空気入れまでとはいかなくても、
気になったタイミングに、自分でできたらいいのがチェーンのオイルメンテ。

実際にお店で使っていて、オススメしたいオイルをご紹介。
個人的ナンバーワンがこれ。

BORED BSLR ¥2800(税込)

しっかりと注油してあげると、ギアとチェーンの離れる「ピチピチピチ。。。」という
明らかに潤っている音が聞こえてきます。変態メカニックとしてはすごく心地いい音。
いろーーーーんなオイルと出会っては別れてきましたが、クセになる潤滑性能は圧倒的にこの"BSLR"
作業場に並べていてもレッドってのがまたカッコイイ。
使いやすいスポイトタイプなので、コマのリンクに「ポタッ」と落とすのを1周してもらう感じです。
また、チェーンオイルとしてだけでなく組付けのグリスの代用として、
ベアリング潤滑やボルト焼付き防止などに使用することもできる万能さ。
一家に2〜3本あってもいいかと。
BOREDさん、さすがです。


こちらもBOREDさんのオイル

LIGHT DUTY ¥2400(税込)

BSLRよりも、低粘度でよりチェーンに特化させているのがこちら。
さらさら過ぎるオイルは、走行するときのチェーンの回転で飛び散ったりなどでも、機能を失います。
そこはケミカルのプロ”BOREDさん”が潤滑機能を失わない、かつ飛び散らない最適の粘度に調整。
こちらもベアリングなどに使用しても全然OKですが、BSLRよりは低粘度なので高回転部分などに使うのがいいです。
スケボーのベアリングに使っても、ばっちしですよ!
せっかくの愛車、マメにメンテしてあげる!という方はコチラが良いでしょう。


最後はこちら。


VIPROS グレサージュ ¥2200(税別)

今回のオススメで唯一のスプレータイプ。
チェーン油といえばこういうのを思い浮かべるのかなって感じです。
めちゃめちゃ死ぬほど数ある中で、このグレサージュが一番使い勝手がいいのでオススメに入れました。
スポイトタイプでポタポタ1滴ずつやってほしいところですが、
どーしてもそんな時間と場所がない、性格的に無理だ。そんなあなたはこちらをどうぞ。
しっかりと中まで浸透してくれて、そこそこのオイリーをそこそこキープしてくれます。
スプレー散布なので、家の中でやるときは注意して下さいね。


潤滑性能が高いということは、すなわち金属の摩耗も軽減させてくれるということ。
チェーンやコグ、チェーンリングのためにも良いオイルを与えて欲しいです。

一番簡単で効果的なメンテのしかた、必要な工具や道具なんかも
店頭でご紹介できますし、近々ブログでもご紹介できればと思います。

763(NARUMI)

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台