かっこいい自転車には、かっこいいブレーキレバーを。

2018.02.15
Harajuku

カスタムをしていく中で、見落としがちなのが「ブレーキパーツ」
もちろん、ピストバイクも公道を走るには前後に必ずブレーキは必要。

それだったら、ブレーキパーツだってかっこいい方が良いじゃないですか。
ということで、ブレーキパーツの中でも今日はブレーキレバーをご紹介。

原宿店に入荷してきた、アメリカンメイドの"PAUL USA"

ちなみに、彼が創業者のポールさん。

PAULは、カリフォルニア発のコンポーネントブランド。
PAULが作るパーツは、全部綺麗。もちろん、精度・耐久性どれをとっても一級品、そして何よりオシャレ。

チェーンリングをトランプ柄にしちゃうブランドなんて、そうそうございません。
これを書いている僕も、初めてのカスタムはコレでした。
これを見るともう一回、欲しくなる。

そんなデザインをブレーキレバーにも落とし込んでいるのが、やっぱりPAULらしい。

PAUL E-LEVER SET ¥18,000(+TAX)

1or2フィンガーでも力が入るように、指にあたる部分を広くとっている、E-LEVER。
短めのレバーが、特徴的。シンプルだけど、存在感のあるレバーなので、車体を問わず使いやすいレバーなんです。
なにより、PAULのレバーはタッチ感が半端ないです。気になる方は、僕の愛車に乗ってくださいね。

あと、トランプ柄はないけど、こっちもかっこいい。

PAUL CROSS LEVER SET ¥17,000(+TAX)

まさしく、Simple is the best。
削り出しの質感が、もう綺麗すぎますよね。
こっちは、ドロップハンドルをお使いの方にオススメで、間違いなく使いやすいレバーです。
しかも、ブレーキピポットの位置を変えれば、キャリパーブレーキだけでなく、Vブレーキ・カンチブレーキ・ディスクブレーキまで幅広く使えるのも魅力的。

正直、お値段は若干お高めですが、それを上回るものが手に入りますよ。
先ほども書きましたが、僕もこのPAULレバーユーザーなので、気になる方は店頭で僕の自転車をお試しくださいね。

かっこいい自転車には、かっこいいブレーキレバーを使ってくださいな。

BROTURES HARAJUKU
03-6804-3115
harajuku@brotures.com

Camy

BROTURES Harajuku
ブローチャーズ原宿

東京・原宿に構えるBROTURESのヘッドショップ。店内にはカスタムされたLEADER、CINELLI, DOSNOVENTAなどの海外インポート車体、パーツをラインナップしている。一歩リードしたい人の為の特別な1台を提供させて頂きます。