29歳でピストを始めるための妄想

2018.02.26
Osaka

先日29歳になりまして、来年は30かーなんて考えたりして。
人生これからが本番。的な。まるで意識高い系のような事も思ってみたりして。

最近ご夫婦でご来店される方多いです。
だいたいは旦那さんが自転車欲しくて、奥さんについて来てもらう感じね。
ピストバイクはきっと高価な買い物だから、きっと大蔵省を通して家族会議という名の裁判にかけられるのです。
その感じわかるー。

そんな妄想をしながら営業していると、ふと思ったのですね。
僕(29歳/既婚)が今ピストバイクを始めたいなと思った時にどうなるのか?

「嫁ちゃーん。ピストバイク買っていいー?」「はぁ?」「だよねー」

秒殺です。

ハッとしましたね。妄想で秒殺された!だめじゃん!僕ピスト買えないじゃん!
やべーやべー。作戦を考えねば。

まず思ったのがお父さんのピスト乗りが意外と多い。


って事。通勤や休日の運動に、結構たくさんの方に使って貰ってます。子どもはストライダー父ちゃんはピスト。そんな家族ステキね。
これはチャンスなのです。子どもはには絶対自転車買いますからね。その隙に自分のも。妙案です。

旦那一人で楽しむと奥さん寂しい。この際、夫婦で乗るってのはどうでしょう?


これもステキなパターンです。意外と奥さんの方がハマっちゃったりして?ピストに抵抗のある方には、女性の普段使いにも最適なおしゃれな自転車も取り扱ってます。LINUSとかHOW I ROLLとか。カゴとか付けたらお買い物にも便利ですし、これからの季節自転車でお出かけなんて非常に宜し。

とまあ。ここまでは僕の妄想パターン。
現実はちょっと違う。手っ取り早く嫁に聞いてみた。
嫁曰くピストはカッコいいし、健康的だし、経済的ないい趣味らしい。さすがはチャリ屋の嫁。理解がある。

だが条件はある。
「ちゃんと乗るの?」「予算はどうなの?」
なるほどな。ここをクリアしないとGOは出ないのですか。

その点ならうちも協力できそうだ。

「ちゃんと乗るの?」って言うのはお客さん次第になっちゃいますけど、お店としてのサポートも自信あります。


いつも気持ちよく乗ってもらうために、メンテンスは無料ですし、乗り方のレクチャーやグループライド等のイベントもやってます。
なにより、ピストバイク自体の面白さってのは乗ったら絶対分かってもらえる。10年以上乗ってる僕らが言うんだから大丈夫。

一番は「予算はどうなの?」って話ですよね。


うんうん。
そこに関しては分割払いがいいと思います。たぶん大蔵省的には貯金を下ろすのはナンセンスだけどお小遣いからやりくりするのはオッケー。
でも僕ヘソクリないし。ってところに分割払いは有り難し。
同世代の平均的なお小遣いは3万円だそうな(みんなけっこう貰ってるのね)。そっから5000円でも回せるんだったらぜんぜん買えちゃう。
通勤につかうのだったら定期代でお釣りが来るし、「お酒とタバコを減らします」って宣言(嘘)は「あら?健康的じゃないの?」ってなっていいと思う。
タバコ吸う人は巻きたばこにするといいよ。

そんな感じで大蔵省からハンコもらえない方。心中ご察し致します。
でも奥さんも買わせてあげたいときっと思ってるんだと思います。
僕らにできることがあれば精一杯お手伝いさせて頂きますので、ぜひご夫婦でご来店下さい。
我々がなんとか説得してみせましょう。(説得できるとは言ってない)

そして家内はこんな事も言っていました。
「どうせ買うなら良いものを買え。」
男のダンディズムじゃないけど、良い物を永く使え。結局のところ、健康に楽しく暮らせて、欲を言えばカッコよくいて欲しいらしい。
いい嫁だな。

という惚気でした。

JUNKI

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

BROTURES OSAKA
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台