透明な自転車?素材革新が生み出す新たな可能性!!!

素材革命というのは、時々想像を超える展開を見せることがある。

金属やカーボン、最近では竹や木材、ダンボールなど色々とある中で、なんと完全透明素材のフレームが作られた。

以前からサーモプラスチックなど、様々な素材の可能性が試されてきたが

あくまでも強度優先であり、素材が透明であるというと頃への注目度はなかった。

一部アーティストにより、透明フレームをテーマとした作品はあったが、実用性からはかけ離れていた。

それがこちら!!!!!

131129001_1

一見ガラスのようにも思えるが、これは新素材の高強度ポリマーを使用しており、

その特性はスチールフレームに似た乗り味だという。

戦闘機のキャノピー(風防)に使われているトライベックスと言うこの素材、

もしかしたら自転車界を変える可能性があるかもしれないぞ!!!!

通常トライベックスの加工はインジェクション製法で行われ、比較的安価で量産が可能なんだって!!!

またカラーリングや形状などでも色々と可能性がある。

もともとこのポリマーは軍事用に採用されている素材であり、

ポリカーボネートやアクリルに比べて低密度ではあるのだが、

特質すべきインパクト・レジスタンス(耐衝撃性能)と軽量性を持ちあわせている。

また素材そのものが自然物質、科学物質による影響を受けにくく

耐熱性と耐寒性も高く、常に安定した分子構造を示すことから、様々な転用方法が考えられている。

その実験として作られたこの自転車、低価格、高強度、加工しやすい、

果たしてこれが近未来のスタンダードとなるのか?

120926_Bike-ProjectShot_legs_atmo_RS31

それともこれは透明性がない今の社会に対するアンチテーゼか?

どちらにしても、

全てを包み隠さず透明であるフレームの未来には期待してしまうよね〜!!!!

2013-11-19-03 2013-11-19-02 2013-11-19-01

RAY VICTOR.

2b4b8a88

 

FOLLOW

Related Articles