初めての”ピストバイク”自分ならこう組む。

2018.03.28
Kichijoji

お天道様がご機嫌な日が続いているせいか、BROTURES吉祥寺店にも連日たくさんのお客様が足を運んでくれています。
新生活目前、ピストバイクにチャレンジしたい!始めてみたい!というお客様とお話しする事が多くなりました。

そこで本日はこれからピストバイクを購入するに当たり参考になればと…
自分自身が客としてBROTURESに足を運び、ピストバイクを選ぶなら何を選ぶか?

いつもとは少し違う目線でお届けです。

まず、最初に選ぶべきは”フレーム


BROTURESには完成車としてパッケージされ、パーツに詳しくない初めての方にも安心な”完成車”
そして1つ1つ組み合わせるパーツを選び1台のバイクを作り上げる”カスタム完成車”の2種類があります(ザックリ説明してます)

あ、言い忘れてましたね。
今回自分に課した予算は15万円〜20万円の間で納得出来るバイクが出来れば良いと思います。


まず大事なベース車体に選んだのは初期装備でライザーハンドルを装着し、加速やスキッドのし易さを考慮して”LEADERBIKES CURE”を選びました。
色はブラックとブルーで迷いましたが今回はブラックをチョイス。

LEADERBIKES CURE COMPLETEBIKE ¥100,000-(税別)

CUREは楽なポジションで乗れるライザーハンドルが標準装備なのが嬉しい点ですよね。


よってハンドルはノーカスタムで大丈夫!
カスタムしたくなったら気軽に交換出来るピストなので最初に選ぶハンドルは直感で選ぶのも正解。

まだ予算にも余裕があるし次は何処をカスタムしようか…。


毎日10km〜15kmほどの通勤に使いたいし、足回りはカッチリ組みたいな…。
という事で自転車のエンジン部クランクには本日入荷したばかりのコイツをセレクト。

BROTURES RIP CRANK SET(BB込) ¥24,000-(税別)

今や主流になった”ダイレクトクランク”といった方式を取り入れたクランクセット。
漕いだ力をダイレクトに前に進む力に変えてくれる性能や価格面から見ても優秀な1品。
これ今日から入ってます、ご贔屓にどうぞ。

クランクの他に後ろのギア”コグ”には”EURO-ASIA GOLD MEDAL”をセレクト。


EURO-ASIA GOLD MEDAL ¥18,000-(税別)

大きさの割に高くない?って思いがちなこのパーツ。
常に負荷がかかり続けるパーツだけに妥協したくないパーツなんです。
金色に見える”歯”の部分はチタンコーティングされ、何年使用しても精度が落ちない1級品。

そして今選んだクランクとコグを繋ぐいわば血管でもあるパーツ”チェーン”
”HKK VERTEX CHAIN”を選びました。


HKK VERTEX CHAIN ¥3,200-(税別)

”NJS認定マーク”が箱に刻印されたこのチェーン。


ブログ進行の関係上すこし割愛しますが簡単に説明するとNJSマークの刻印された製品は競輪選手がレースで正式に使う事を認可された証でもあります。
上記で紹介したHKK VERTEXは精度はもちろんその他のカラーにシルバーやゴールドなどもあるので好んで僕は使っています。

競輪レースのようにコンマ何秒という世界で戦う競技の中で求められるものの1つに”精度”というものがあります。
正直、街中で乗る自転車にそこまでの精度を求めるのはナンセンスかもしれません。
しかし構成パーツの少ないピストだからこそ精度の高いものを使用する事は乗り手の快適性に顕著に表れます。

あとブランドものとか使うと意外とメンテとか気にしてやるようになるんですよ。。。笑
安いパンツより高いパンツの方が洗濯の時気使いますよね?笑

さあ脱線しましたが残す足回りはホイールとタイヤ。
僕は今回のカスタムではホイール本体よりもタイヤに拘りました。

フロントには”PANARACER パセラ/23C”


リアにはピストライダーの強い味方、通称げーたーこと”CONTINENTAL GATORS SKIN/23C”を選びました。


まず重要性の高いリアのタイヤから。
常にドライブラインからの負荷がかかり、スキッドやスキッピングなどのトリックの嵐に晒され続けるリアタイヤ。
普通のタイヤで大丈夫なんでしょうか?

完成車に装着されているタイヤは言ってしまえば”普通のタイヤ”
これからピストを乗るに当たってスキッド(固定ギアを用い、後輪をロックさせ滑らせるトリック)を特に使わない方は、取り急ぎリアタイヤをカスタムする必要はないと思います。
あ、でもしばらく乗ったらタイヤの様子見させて下さいね。

でもスキッドやスキッピング、トリックを楽しみながらピストに乗りたいという方は”絶対に変えた方が良い”パーツの1つです。
ピストバイクの聖地サンフランシスコはもちろん、日本や韓国、台湾などのアジア圏のライダー達も愛用しているタイヤが”GATOR SKIN”


製品的な説明はコチラのブログをご参照下さい。笑

そしてフロントタイヤには”PANARACER パセラ”


僕がこのタイヤを選んだ理由は、ただ1つ…「格好良い」から笑

いや、弁解させて下さい!
もちろん性能面で言えばもっと軽いタイヤもあるし、チューブラーって言う選択肢もありました。
でも例え使いにくくても使い続けてしまうものってあると思うんです。

正直地味だし、タイヤの耐久性もゲータースキンに比べたら弱い。
でも不便だから愛おしいと思わせてくれる。
完全に直感で選びました、性格が出ますね。。。

そして気を取り直して忘れちゃいけないのがペダル。


ストラップ、クリップ、ビンディングなど選択肢がいくつかあるピストバイク。
個人的にはこれしか使わない、使えない”ペダル&ストラップ”を選びました。

BROTURES PEDAL ¥2,800-(税別)

BROTURES×YNOT STRAP ¥8,000-(税別)

ガンガン攻めてもへこたれない、ペダルとストラップ。
無地のストラップを使ってたけどYNOTとのコラボが発売され使ったら間違いないのでコレにしました。
急に説明が雑になったと思いました?笑

だってコレばっかりは色々試してもらわないとイマイチ伝わらない部分だったりするんですよね…。


初心者に優しいのもこの組み合わせなので安心してお選び下さい!スニーカーとか履くならコレがベスト。

そして最後に忘れちゃいけないのが”フォークカスタム”


LEADER I806TR フルカーボンフォーク ¥38,000-(税別)

コレについてはつい先日ブログを書いたのでコチラをご覧下さい。
何故、今このフォークカスタムがマストなのか?

お帰りなさい。
という訳で初期カスタムの前にやっておくべき”初期カスタムの前の初期カスタム”であるフォーク部。
全体の車重量を軽くする為にもハンドルやクランクの前に1番最初に選ぶべきカスタムかもしれません。

…という訳で以上が自分なりの”初めてのピストバイク”でした。


さて、気になる車両価格ですが、BROTURES吉祥寺でお出ししているオーダーシートを下に貼付けてみました。

LEADERBIKES CURE KICHIJOJI CUSTOM.

という事で税込み¥192,277-という事で全然余裕(ギリギリ)で希望予算内に収まりました。
今回は一例なので各所の拘りたいパーツに関しては遠慮なく僕にぶつけて下さい。

乗ってから「ここ変えたら良かったな…」って嫌ですよね?僕も嫌いですアレ。笑
最初に選ぶバイクだからこそ妥協したくない、その気持ちは店頭に立っている僕達も一緒です。

ちなみに今回のこのカスタムバイク、ローンでお支払いして頂くと…

月々/約9千円のお支払いで乗り出し可能。

こんな事言ったら面倒かな…なんて遠慮は不要なので要望は出来るだけ教えて頂けると助かります。
いやー今日も天気良いなー、春も目前、ピストに乗るなら是非BROTURESにご相談下さいませ。

風間
ご購入/ご予約の際は、下記のテンプレートをご利用になりお問い合わせ頂くか、店頭まで直接お電話下さいませ。

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

imgres
insta-logo
imgres-1
BROTURES Kichijoji
ブローチャーズ吉祥寺

フラッグシップの原宿、横浜、そして大阪と日本のストリートバイクカルチャーを世界に発信する FIXED BIKE SHOP “BROTURES”(ブローチャーズ) 西東京エリアに初進出となる吉祥寺店は、アメリカンカジュアルをテーマに設計。日本で唯一となるピスト専門のアウトレット及び中古買い取り、販売を行う。