【関西圏必見】MASH STEELを買ったけどもし組み上げにお困ってるなら切実に持ってきて欲しいんです、だって。。。

2018.04.02
Osaka

高校球児のごとく悔し涙を流しつつも
BROTURESでは取り扱いができなかったフレーム

”MASH STEEL”


(マッシュスチール、スティール?どっちでもいいか)
BROTURESに出入りしているお客さんの間でも、もちろん話題になってました
しかしながら、大人の事情で店頭に並べることはできないんです
それならば
「持ち込みしてもらって、組んだやつでせめてブログを書こう!」(BY 店長)

フレーム本体、持ってて使いたいパーツは持ち込んでもらって、
不足分のパーツは「あーでもない、こーでもない」しながら
キャッキャ、ワイワイしながら一緒にセレクトしてました

そんなイキサツがありつつ、組み上げさせてもらった今回の一台
せっかくなのでじっくりと舐め回すように組み上げました

まずは飽きるまで眺めたり、拭いたり、写真撮ってみたりします

さっそく組み付けしたいところですが、
付いてる部品はいったん外して、各部の下処理をじっくりとしていきます

タッピングはBBだけじゃありません
ホルダー用のダボ穴、ブレーキマウントもとどこおりなく行います

うん、キレイ!

BBのタッピング

からのフェイシング
勢いに任せて作業すると、簡単にペイントが台無しになるので
焦る気持ちを抑えて慎重に作業を進めます

ここまできたら、ヘッドチューブもリーミング&フェイシング
だって

CHRIS KING(クリスキング)をつけるんだもの
しっかりと精度を出して組んであげると本当に一生モノのパーツです

ブロンズのクリキンとか、珍しい上にめっちゃいい感じですね

BBにはオクタリンクということは。。。

はい、きましたDURA-ACE!
現在は最高峰のクランクのひとつです

ハンドルにはFOR SHRED
本当に売れてます、けど長さが違うと別のハンドルにみえるので
没個性と思われがちながらも、個性を出しやすいハンドルです

ライザーにつけるなら、このレバーが本当に美しい
PAULのパーツは精度とデザイン性の高さが人気ありますね

秘技、おしゃれな取り回し!なんつって
カンチブレーキは仕組み上、独特な取り回しになりがちですが
それがまたいいですね

ここにもPAULさんを投入
メンテナンスがしやすく、調整もしやすい、そして輝きが違う
PAULを選ぶということはそういうことです(どういうこと?)

めちゃめちゃいい感じに仕上がりました


そもそもかっこいい自転車が大好きなボクらは
そのフレームやパーツが持ち込みだとか、
どこで買ったとかはちょっとしか気にしてません。特に関係ないと思ってます。
もちろんうちで買ってくれたら嬉しいですけども
完成する一台がオーナーにとっての最高の一台になるなら
パーツの相談だって、組み上げだって全力で対応します

家で鑑賞用だったフレームを乗る気になったら
まずは一緒にBROTURESまでおいで下さい
バッチバチに仕上げちゃいますよ

763(NARUMI)

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台