LEADERBIKES”725TR”の魅力とは?

2018.04.04
Kichijoji

こんにちは、風間です。
いきなりですが当店で取り扱いのあるピストバイクの中に”LEADER BIKES”というブランドがあります。

アメリカ、カルフォルニアのピストブランド”LEADERBIKES”
クラシカルなピストフレームが台頭する中、「ストリート最速」を掲げ今までにない形状のフレームを打ち出しているブランド。

そのエアロ形状のフレーム群は、どれもストリートで安定した走りができるよう研究しつくされたジオメトリー。
エアロダイナミクス(空力)・軽さ・耐久性、全てを兼ねそなえ、さらにスタイリッシュ。

まさに「ストリートでいかに速く、かっこよく」を体現したブランド。 初心者から中上級者まで、ストリートから業界人まで幅広い人気を誇るリーダーバイク。
今や日本だけでなく海外のピストシーン、ストリートシーンには欠かせない存在。

…と、まあ調べて出てくるのは上の様な情報。
そのLEADERBIKESの中でも人気を博す通称”7シリーズ”

頭文字に読んで字の如く”7”のナンバリングが施されたLEADERBIKES人気のラインナップです。
エントリーモデルである”721TR”

LEADERBIKES 721TR ¥100,000-(税別)

未だ根強いファンを獲得するLEADERBIKESのスタンダードモデル”725TR”

LEADERBIKES 725TR ¥150,000-(税別)

そして上記のモデルを凌駕する極太のエアロチュービングが印象的な”735TR”

LEADERBIKES 735TR ¥185,000-(税別)

それぞれに特徴や良さがあり、利用用途やご予算に応じてオススメをさせて頂いています。
初期予算にそこまで余裕がないお客様は”721TR”を選び後々のカスタムに楽しみを見い出して頂くのが1番だと思っています。
さらにある程度ご予算があってパーツ等も最新で妥協したくないという本物思考のお客様は迷わず”735TR”をお選び頂いて良いかと思います。

ちょっと待って。じゃあ725TRは?

位置付けとしては真ん中のグレードとして特徴ないモデルとして扱われる事の多い”725TR”
でも個人的には初めての方には是非選んで頂きたい1台だと思います。
今回はそんな”725TR”のご紹介を軽めにさせて頂きます。


LEADERBIKES”725TR”の魅力とは?


ピストバイクにしかない特有の面白さ。
それは”固定ギア”以外に他なりません。

Q.固定ギアとは?


固定ギアとは自転車の一形態である。後輪がペダル駆動と直結する自転車全般を言う。英語では「Fixed gear」と呼ぶ。固定ギアのバイクは、フィックスギアバイク(Fixed-gear bicycle)、フィックスホイールバイク(Fixed-wheel bicycle)、フィクシィ(Fixie)と呼ばれる。

※wikipedia参照

と、まあ文章にすると難しいですが一輪車や三輪車と同様、後ろに漕ぐと後ろに進むといった”一体感”を楽しむ乗り物だと思って下さい。
あ、もちろんBROTURESで扱っているピストバイクは固定ギアの他に”フリーギア”といって普通の自転車と同様後ろに漕ぐと”空転”する仕様にもセット出来るのでご安心を。

話しを戻して725TRの話しに。
他の2モデルと比べ725TRは唯一”トップチューブ”を長めに設計しているモデル。


トップチューブってここね。

トップチューブが長いと何が良いのか。
それは固定ギアならではの悩み、フロントホイールとペダルのクリアランスのお話しになります。

普通の自転車はカーブを曲がる時にハンドルを切り、その時ペダルは12時と6時の方向に向いている事がほとんどかと思います。


↑この状態ね。

でも固定ギアの場合常に回り続ける為、場合によっては9時、3時の状態になる事もしばしば。


↑この状態。
そこで何が不都合なのかと言うと。

フレームによってはペダルを置く足とフロントホイールが干渉し、引っかかるといった事が発生します。


↑ここの隙間の話しです。
正直慣れてしまえば感覚的に足の場所を移動させたり、ハンドルではなく車体を倒したり等して解消できますが…。

今回の話しはあくまでも”初めてピストバイクに乗る方”に絞っていますのであしからず。
言ってしまえばピストバイクを固定ギアで乗る以上ここのクリアランスは切っては切れない縁。

慣れるまで頑張れ!と言いたい所ですが今回ご紹介している725TRはそんな初めての方にも優しい設計。
先ほどご説明したトップチューブが長めに設計されている為ハンドルを切った際にペダルを乗せている足とフロントホイールが干渉しにくい設計に。

各店舗が良く”ハンドルを切っても足があたらない”と言っているのはその事ですね。
始めは僕も何の事やら?でしたのでちょっと今回は初心に戻って詳しくお話しをさせて頂きました。

今回ご紹介した725TRですが他モデルと同様入荷間近の為現在ご予約受付中。
725TRとKAGEROに関してはご相談に乗ると熱量マシマシ、油濃いめ”ですが、それでも良ければお声かけ下さいませ。

何を隠そう(隠してはいないですが)僕が1番最初に乗ったLEADERBIKESも725TRでした。
ホワイトでステッカーベタベタ張って、色んな所に連れていってもらったし、色んな人に会えたなーなんて考えてたらピスト乗りたくなってきた。笑

吉祥寺店今週末にグループライドでもやろうかな。
メカの松ちゃんの体調次第なんで明日相談してまたブログ書きますね。

葉桜ライドなんてオツじゃないですか?

BROTURESのヘッドショップとして有名な”原宿店”

BROTURESの全てが始まった”横浜店”

BROTURES全店舗中、随一の技術を持ったスタッフが集まった”大阪店”

そして僕がいる”吉祥寺店”

入社したばかりのブログを検索したら職務質問待ったなしの写真がHITしました。(石村ぶっとばす)


今は髪も短いので安心下さい。

各店、個性豊かなBROTURESですが他の店舗に負けないくらいきっと、満足させて帰って頂く自信がありますのでお近くに寄られた際は是非お立ち寄り下さいませ。

あ、実は昨日4/4でBROTURESは9歳の誕生日を迎え、10周年目へ突入致しました。

”ブログを見た”と言って頂ければ吉祥寺店特別なサービスをご用意してお待ちしてますので是非ご贔屓に。笑

それでは本日も店頭にてお待ちしております!

風間
ご購入/ご予約の際は、下記のテンプレートをご利用になりお問い合わせ頂くか、店頭まで直接お電話下さいませ。

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

imgres
insta-logo
imgres-1
BROTURES Kichijoji
ブローチャーズ吉祥寺

フラッグシップの原宿、横浜、そして大阪と日本のストリートバイクカルチャーを世界に発信する FIXED BIKE SHOP “BROTURES”(ブローチャーズ) 西東京エリアに初進出となる吉祥寺店は、アメリカンカジュアルをテーマに設計。日本で唯一となるピスト専門のアウトレット及び中古買い取り、販売を行う。