"F"への認知は如何に

2018.05.26
Osaka

僕自身が嬉しいな〜と感じたホイールオーダーがあったのでご紹介。

F-55 × RAKETA REAR


最近は割と僕のブログに登場しがちなF rimとRAKETA。
軽さに定評のあるハブだからF-35のリムで組むことはあったけどF-55を使ってのこの組み合わせはお初。
スポークもしっかりとSAPIM CX-RAYで。
別にCX-RAYがスポークの全てとは言わないけどあんまり他のスポークに劣るとこが無いのも事実。
DTのエアロでも良いけどスポーク長関係で組む側としてはこっちの方が融通が効くとってのもありますね。

嬉しかったことの一つがこのリムを"お客さんから指定"してくれた事。
僕らが仕様・価格・用途など、様々な事を考えて作ったこのリムですが、本当に良い物ができたなぁなんてスタッフとしては自己満足しているわけです。
だからこそブログでの紹介は多いし、お客さん側からすれば目にすることは多々あってもやっぱり登場してまだまだ日が浅く認知もイマイチなのがこのF rim。
それ故に僕らスタッフがお客さんに対してこのリムはいいですよ、なんてお薦めしてこそオーダーに繋がる事が多いのも事実。
というか、それでしかなかった。
それが今回のようにお客さん側からこれでってな感じで来てくれたことは本当に嬉しかった。
やっとだなといった感じでもありますが。

でもってもう一つ。
いつも僕の趣味交じりに書いている競馬予想。
それを見てますって言ってくれる人はたま〜にいるわけですが、今回のこのお客様はその予想が役に立ったと。
あんなにハズレを連発している予想が。
その予想で今回のホイール分儲かったと。それでこのホイールをオーダーしてくれたと。
嬉しい限りだ。

というか、お客さんが僕の予想でホイール分儲かったということは、、、って話ですよ。

藤本の競馬予想

はい、前回の結果から。
先ほどの前置きのようなものがありましたしね、
僕の予想が役に立ってお客さんがホイールを買えたわけですからね。
結果はもう決まってますね。

ハズレ。

そうハズレ。
お客さんは大勝ち・藤本は大負け。
なんでだって話ですよ。
買い方の違いですね。お客さんの買い方がうまかった。自分は絞りに絞ってハズすと。
印のつけどこはそんな悪くはなかったハズなんだよ。多分。

今週のレースは 東京 10R 日本ダービー(G1)
ではでは予想はこちら↓↓↓


五月は本当に面白いレースばかり。
それの締めくくりがこの日本ダービー。間違えないで欲しいのが11Rではなくて10Rって事ね。
たまに間違う人いますからね。
遂に登場しますよ。全戦全勝、そして圧勝しまくりのダノンプレミアム。
内枠が有利とされる東京競馬場に置いてダノンプレミアムの枠は1枠1番。
買わないわけにはいかない。人気過ぎてダノンに不安を感じる人もいるんだろうとは思う。
けれど、僕的には今回も強さを見せつけて欲しいと思うのでここは保険とか考えることなく1着固定で行きます。
あとは他をどう買うかなんだけど、まぁ今回も懲りる事なく絞りに絞って買うと思います。

フジ

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台