今のせ換えるべきフレーム4選。2018初夏。

2018.05.28
Osaka

ピストバイクは楽しみ方の多いアイテムだと思います。走ったり、トリックしたりといった「乗る」楽しさもあれば、ピストを通じて仲良くなった友達と語らう「繋がる」楽しみ。そして、自身の愛車をカスタムする「イジる」という楽しみもあります。

フレームを交換するという行為は「イジる」楽しさの極み。ひとつのハイライトとなるシーンであり、上級者の楽しみ方なのかも知れません。
ちょっとハードルが高い行為ですが、スタッフに任せてもらう部分も多いので、あなたがやるべきことは欲望のままにヨダレを我々にぶつけるだけです。

①フレーム交換の流れとしては、まずは気になるフレームと今乗っているバイクを教えて下さい。
②フレームによっては追加で交換するパーツが発生しますので、そこら辺と工賃を併せてお見積致します。
③凡そ1週間程度お預かりとなりまして完成です。役目を終えたフレームやパーツは下取する事もできますのでご相談下さい。

前回冬くらいに同じようなこと書きましたが、数ヶ月経ってラインナップも結構変わりました。
ちょうどこのタイミングで「そろそろ新しいフレームにしたいなー」って方のために今のせ替えるべきフレーム4選
行ってみましょー。

LEADER BIKES 735TR


まずはLEADER 735TR。言わずと知れたストリートエアロフレームの金字塔。タイトなジオメトリーはピュアなトラックバイクの乗り心地をモザイク無しで味わえます。
完成車の販売もございますが、フレーム販売もしております。フレーム、フォーク、ヘッドパーツは全て別売り可能。例えば、現行の721TRからの乗せ換えであればフォークとヘッドパーツは流用できますので下記の感じで交換が可能です。
カラーラインナップはブラックとホワイトなんですが、ホワイトは入荷が遅れておりまして、ご迷惑をおかけしてます。申し訳ありません。
ブラックなら在庫豊富にございます。
フレーム ¥55,000-
シートポスト(専用) ¥18,000-
交換工賃 ¥20,000〜

LEADER BIKES KAGERO


KAGEROの素材はは2018年モデルから7046アルミニウムに変更され、7000番台のアルミ素材で1番汎用的な7005と比べて、2倍近い強度と20%弱軽いという特性を持っているらしいです。美しいパシュートジオメトリーは継承され、シートチューブにはLEADERの特徴でもあるスクープアウトが新たに施されております。よりコンパクトなリアトライアングルを手に入れたことで乗り味は更にキレを増しました。雰囲気ある上品なデザインと本物の乗り心地。シンプルに心躍るフレームです。
デビュー以来あれよあれよと言う間に残り数本になっちゃった。。一応追加生産が決まっているのでご安心を。
フレームセット ¥120,000-
交換工賃 ¥20,000〜

CINELLI MASH PARALLAX


CINELLI MASH最後のチャクラ。パララックス。大阪店ではWORKはだいぶ昔に売れきれちゃったし、BOLTもこないだお嫁に行って、残るチネマはこのパララックスのみとなりました。
こちらもピュアなトラックジオメトリーのフレームです。爽やかなデザインとはウラハラに直線番長的な設計には男らしさを感じます。COLUMBUSのAIRPLAINを使用する最高級フレーム。高い耐久性と剛性を持ったフレームです。
フレームセット ¥108,000-
交換工賃 ¥20,000〜

KORY YORK MARK T


今月はずっとこの子のこと考えてますけど、コリーヨークのマークT。僕が狙っているのはK2よりもむしろこっち。
もう少しで入荷して来そうな予感はするんだけど、もどかしいね。もう少しもう少し。イタリアンハンドクラフトだからしゃーないね。
MARK Tは三角形のチューブを使ってて、雰囲気が独特だし、シンプルに超おしゃれなフレームだと思います。写真はインテグラルですが入荷分はエクスターナル仕様のヘッドチューブでオーダーしてます。そっちのほうがカスタムが楽しいから。
初回オーダーはブラック、ホワイト、ダークレッドの3カラーで計10本の入荷なので各サイズ1本ずつくらいで思っててください。
ちなみに僕はホワイト狙いなんです。ヘッドセットとハブのカラーを合わせたりしてね。絶対洒落てる!
レース系のフレームもいいけど、僕らみたいなホビーユーザーはこういう雰囲気を楽しむフレームに乗れるのが良いと思うんですよね。
フレームセット ¥150,000-
ヘッドパーツ ¥5,000〜
交換工賃 ¥20,000〜

どうですか?ピンとくるフレームありましたか?
だいたいこの時期はラインナップ的に少なくなっちゃうんですけど、今年はわりかし豊作ですな。

僕個人的な意見ですが、どのフレームに乗るかは”縁”だと思っています。ほとんどタイミングに任せてる。
待つことも嫌いじゃないけど、今乗っているKAGEROもWORKも別に探して来たものじゃなくて、「そろそろ新しいフレームにしたいなー」って思った時にたまたま目の前に現れて、ビビッときただけのこと。

そんな感じで、よいご縁があれば嬉しいです。

JUNKI

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台