鉄って良いよね!って話。

2018.06.04
Osaka

LEADERとかCINELLIとかDOSNOVENTAとかもそうですけど、最近のフレームはアルミが主流です。
ロードバイクだとアルミorカーボンみたいな選択肢がほとんどで。
ピストでもハイブリッドなものを除けば、トラディショナルなスチールフレームは徐々に姿を消しつつあります。
いや、だけど根強く残っていることも確か。

CINELLIの定番"GAZZETTA"もそのうちのひとつ。超オーソドックスなクロモリフレームです。

鉄とアルミでどっちが良いですか?ってよく聞かれますけど、街乗りに使うのであれば、双方にメリットがあります。

オーソドックスなスチールフレームが愛される理由に耐久性が高いってのがあります。
アルミは疲労を貯め込む素材ですが鉄にはそれがありません。錆びるというデメリットはありますが、しっかり手入れされていれば大丈夫ですし、アルミにも腐食という落とし穴が存在します。気兼ねなく永く使えるっていうのはホビーユーザーにとっては大きなメリットと思います。

好みが分かれる部分ですが、アルミに比べて乗り心地がソフトなのも僕はメリットだと思います。
アルミの方が軽くて硬いので、特に初心者の方とかはスピード出しやすいでしょうし、扱いやすいとは思います。
クロモリは少し重いかわりに乗り心地が良いです。毎日通勤で使って疲れが出にくいというのが個人的な意見です。

あと価格が相対的に手頃というのもおすすめのポイント。
素材自体の価格もありますが、鉄の方が機材にかかる設備投資が少なくて済むんだとか。
お財布に優しい分、ちょっといいパーツを選べたり、選択肢が広がったり。

ちなみにこのGAZZETTAはフレーム価格で¥60,000-
同じCINELLIでもアルミの定番VIGORELLIは¥90,000-なのでこの差はけっこう大きい。ホイール1本分相当。

あとポリッシュパーツがよく似合うのはクロモリフレームですよね。

ただ語弊がないようにしときますが、アルミとクロモリどちらもフレームの素材として優れています。
どっちが優れているか?ではなくどっちが好きか?
その程度の話です。ルックスも大きく異なりますし、迷ったらご相談を。

そんなこんなでGAZZETTAですが、何やら廃盤になる可能性があるそうです。
メーカー完成車で¥103,000-。フレームから組み上げるカスタムオーダーは16万円〜承ってます。
すでにメーカー在庫もほとんどなくなっていますので、気になる方はお早めにどうぞ。

JUNKI

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台