人気物が再入荷

2018.06.09
Osaka

暫くの間欠品していました人気どころのリムが二種類ほど再入荷してます。
欠品中でもお客様からはオーダーを頂いていたので再入荷したことでホイール組み数が一気に加速。

お待たせしてましたお客様方、ホイールが仕上がってます。いつでもお店に来てください。
お電話はしてますが、一応ブログを通しての業務連絡も兼ねさせて頂きます。
待っていただいてありがとうございます。

そんな待ってくださっていたお客様のオーダーを紹介。
まずは、
AT-25 × RAKETA POLISH front/rear


リムにはH-PLUS SONからAT-25
このリムは本当に人気。一年を通して群を抜いて一番組むことの多いリムです。
価格が一本¥8,000-と抑えめながら硬さと精度が申し分無く、重量も450g前後と中々に軽量。
見た目にもオールブラックなアルミリムてのは中々無いもんで人気が出るのも納得の商品な訳です。
手組みホイールのリム選択に迷ったらとりあえずこれにしとけばいい的存在でもありますね。

ハブにはRAKETA。
軽量なリムに軽量なハブを使用してるわけでまぁ軽い仕上がり。
リムがブラックでハブとスポークがシルバーなのはやっぱりかっこいいなと感じます。


スポークにはわかりづらいけどSAPIM CX-RAY。
32Hという多めのホール数だからこそスポークによる軽量化が大きくあらわれます。
普通のスポークで組んだものと比較すれば絶対にわかると思います。
で、これも分かりづらいけどニップルもDTのアルミに。折角軽くするならこの辺もね。
SAPIMからもアルミついてくるけどここはDTの方がいいってのが僕の中であるんでね。
アルミニップルにしたのは僕の勝手だけどサービスと思って頂ければありがたい。

でもって、
BELGIUM PLUS × PHILWOOD Small Flange rear


このリムも本当に人気なリムのひとつ。
カーボンホイールで有名なHED.からリリースされているアルミリムな訳ですが、ホイールをたくさん作っているだけあって、アルミリムの方もかなり優秀。
ワイドなリムながら重量は先ほどのAT-25と同重量な感じ。AT-25のそうだけどこのリムはそれよりもうちょい硬く、精度も良い。組みやすいもんです。
このリムに関しては再入荷すればすぐ無くなるし、再入荷しても量が極少量。
また、オーダーかけててもいつ入荷するかわかんないから困ったもんです。
今回も残りはもう一本・二本とかなので欲しいと思った方は即購入な感じでよろしくどうぞ。

ハブはPHILWOOD。お客様チョイスがスモールフランジってところが良いですよね。
PHILWOODのスモールフランジって小さすぎず大きすぎずなサイズ感。ハブの中で一番好きなサイズ感かも。僕は。
こちらもリムがブラックでハブとスポークがシルバーな仕上がり。
良いですね〜、好き。

今日紹介のリムに関しては再入荷してはいますが人気故に旅立つのも早めです。
念を押しますが特にBELGIUMね。
無くなってもまた入荷はあるだろうけどいつになるかっていう約束ができないリムなだけにある時に手に入れてください。

あと、ホイールを考えるなら最近入荷して来たハブの方も忘れることなくね。
詳しく書いてくれているブログあるんでそっちを読んでくれると良いかも。
このハブに関しても限定なもんで数には限りあるし、大阪店限定もあるからよろしくです。

藤本の競馬予想

はい、前回の結果から。
ハズレ
当たらんねぇ、
ほんと当たらん。印だけ当たる感じ。
もう少しの間三連単とか買いません。
当てたい。換金したい。
少しでも拾いたい。

今週のレースは 東京 11R エプソムC(G1)
ではでは予想はこちら↓↓↓


G1が落ち着き、次は宝塚記念までG1はありませんね。
でも僕の競馬熱は落ち着くこと無く、予想していきます。
そんな僕は宝塚記念は現地に行くつもり。
なのでそこまでに軍資金を作るために三連単という大きく夢を買う行為を捨てます。
馬単とワイドで行きます。
とにかく少しでも当てたい。あわよくば大きなとこが当たればな感じで狙いたいと思います。

フジ

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台