ちょうどいいピストってなんだろう。

2018.06.29
Yokohama

あなたにとってちょうどいい自転車ってなんでしょう。
人それぞれ大切にしていることは異なると思います。
僕にとって、それは「気を使わない自転車」である事。

万年金欠のその日暮らしで貧乏性な僕は、あんまり高すぎる自転車はちょっと気持ち的に乗りづらいです。
でも安いけりゃいいってもんでもない。性能的に乗りづらい自転車ってあんまり大切にされないですしね。
そうなると、「高すぎず」「乗りづらくなくて」「壊れにくい」という3つのポイントが最優先事項になります。
そして行き着いた先は725TR。

LEADER BIKES 725TR 完成車 ¥150,000-(+tax)

725TRといえばLEADER BIKESで最も歴史の長いフレーム。
グレードをつけるなら中堅に位置するモデルですね。
ストリートにおけるピストバイクを牽引してきたLEADER BIKESのそれは、まさしく業界の指標。
初めてのピストにももちろん、中学生の頃からピストに乗ってる僕も気に入っているフレームです。

<iframe src="https://player.vimeo.com/video/5862934" width="640" height="360" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

なぜ、エントリーモデルの721TRでなく、極太の735TRでもなく、ハイエンドのKAGEROではないのか。
725TRには現状のLEADER BIKESにおいて唯一の特徴があるんです。
それは「安定性」。

これについてはこないだ大阪店のブログでJUNKIさんが詳しく説明してくれていましたね。
簡単にまとめると初心者の方でも簡単に操作でき、巡行やロングライドなどに適しているモデルというわけです。
街乗りする上でもこの安定感というのは大きなアドバンテージとなります。

そして、ハードに乗り続けるストリートライダーの必須条件である耐久性も間違い無し。
ハイエンドモデルの735TRよりも耐久性には優れており、事故でもしない限り壊れる代物ではないので安心してお乗りください。
これは「メーカー生涯保証」が何よりの証ではないでしょうか。

安定性、耐久性、この二つが指すものは、725TRは良い意味で気を使わないピストだということ。
横浜店では試乗車をご用意しておりますので、是非ご自身でその乗りやすさを体感してみてくださいね。

toshi

友だち追加

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres
insta-logo
imgres-1
BROTURES Yokohama
ブローチャーズ横浜

西海岸のガレージをコンセプトに、リーダーバイクを始め世界中からセレクトされたピストバイクをが所狭しと並べられている。 ただの自転車店ではない、様々なカルチャーの発信するルーツがここに。 感度の高いメカニックもいるので安心。