本日の手組み

ホイール紹介

今日もホイール紹介ブログをあげようなんて思っている本日7月14日で27歳になりました。
そんな誕生日でも、多分なにも代わり映えすることもなく、毎年のように仲のいい友達とチャリ乗ったり飯食ったりするんですが。
それはそれで嬉しいことですし、楽しいんで良いんですけども、そろそろ変化が欲しい。
つか、彼女欲しい。
紹介してください。

はい。本題の今日のホイール紹介参ります。
お客様のオーダーで組んだ物を紹介します。

DT SWISS RR511 × GREDDY LIGHT

リムには大阪店ではあまり注文の入る事のないDT SWISS RR511。
DISC対応リムな為、全体がブラックで32mmのリムハイト。
特別軽いわけでは無いですが、リムハイト・リム幅から得られる剛性感はあります。
リムとしての精度は良く、価格も¥11,300-と手の出しやすい価格です。

ハブはGREDDY。回転性はもうピカイチなハブ。そしてチョイスされたのがピンクのカラーハブ。
お客さんの車体がKAGEROなんですが、かなりマッチしていて個人的には好きな仕上がりでした。

VELOCITY A23 × Mack Superlite HUB


リムはmade in USAな VELOCITYから出ているA23といったローハイトリム。
リムハイト19.5mmで少し華奢な見た目してますが、組む際の硬さは中々ありまして、しっかり使っていけるタイプのリムです。
今回は32Hですが20Hから準備されているので懐が深いのも良いポイントです。


ハブにはMack。初めて見る方も少なくは無いと思います。
確かポーランドのメーカーでして、スモールフランジからハイフランジの何種類かのハブを手掛けているとこです。
superliteとあるように見た目よりも重量は軽量な仕上がりになっていて、回転性も十分。
今回のハブのようにアルカンシエルが入っているデザインだったり、無しのやつだったり。
どうせならある方がカッコ良いですけどね。
国内に代理店とかは無いのが残念なとこ。

今回のお客さんもそうでしたが、欲しいけど日本で見つからない。とかあると思います。
とりあえず物は試しで僕らに声かけてみてください。
もちろん無理な物とかはありますけど案外引っ張って来たりします。

今回紹介している両ホイールともスポークは DT コンペティションというバテッドスポークで組んでます。
最近はこのスポークで組む事が増えて来ました。なんか良いですね。ちょっとしたコダワリみたいなのが感じるホイール組むのは楽しいもんですからね。

 


藤本の競馬予想
はい、前回の結果から。
ハズレ
まぁたダメでした。連敗記録が止まらない。止まることを知らない。
突っ走って行きましょう。

今週のレースは 函館 11R 函館記念(G3
ではでは予想はこちら↓↓↓

函館記念は大概高配当付くイメージのあるレース。
今年もそれなりに付いてくれんかぁ。
ま、高配当ついても当たってないんですけど。

フジ

FOLLOW

Related Articles