週末バイクチェック

関西から関東まで神出鬼没な要注意人物がお店に立ち寄ってくれました。
これ幸いとばかりに愛車を拝借。
今週も他力本願のバイクチェックやります。

これまでお客さんのバイクを借りては、キワモノだの変態だの罵倒して紹介してきましたが、今回はお手上げです。
THE参考にならないやつです。
どこで売ってるのかわからんパーツばっかだし、実際にBROTURESで取り扱いのあるのはリムくらいしかない。
最高に意味わかんなくて、最高に”ピスト”なバイクです。


AFFINITY CYCLES Metropolitan

一つ言いたいんだけど、なんでみんなAFFINITYしか持ってきてくれないの?欲しくなるじゃん…
これだけ在庫ないって言ってるのにどこで見つけてくるんだか。
そしてLO PROとかMETROPOLITANにはALTER STEM付けなきゃ気が済まないんですよね。

特に高価なパーツを使ってるわけじゃないけど、調子がいいしカッコいい。
まとまってるようで、まともなパーツがほとんどない。

これは僕の持論というかカスタムの傾向なんですが、パーツやフレームが高価になればなるほどみんな同じようなバイクになりやすいです。
当たり前っちゃあ当たり前ですけどね。
パーツは値段が高くなると基本的にはレーシングスペックに近づきます。
レーシングスペックのパーツってそんなにたくさんあるわけじゃないし、必然的に選択肢がかぶる。
だから高いバイクは似通ってくるんです。

プロが使っているレーシングスペックをストリートで転がせるのがピストの醍醐味の一つでもあります。
それ自体はロマンがあって非常に魅力的です。
でも僕が惹かれたのはロマンともっと別のところにあるカルチャー。

廉価パーツって本当にたくさんの目的のために、数えきれないほどの種類があります。
「こんなんいつ使うのさ」ってモノもいざとなれば痒いところに手が届く。
そんなピンポイントなパーツがいくらでもあります。

そんな中からアホほどディグってカスタムして、自分専用のピストができあがるんじゃないでしょうか。
その証拠にこのお客様も意味わからんパーツめっちゃ持ってるし、全部使ってる。
ちょっとマンネリを感じるのであれば、視野を横に広げてみてはどうでしょうか。
横をキョロキョロし始めたら本当にキリないですよ。
もっと自分流に楽しんでいきましょ。


関係ないけど最近このCM1日1回観ないと気が済まない身体になっちゃった…

toshi

友だち追加

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles