ブレーキを使うのであればSHIMANOは正解。

2018.07.29
Osaka

バイクとか、クルマが趣味の方は分かるかもしれませんが、
かっこいい、より良いブレーキへのカスタムは基本です。
高級車のキャストホイールから見える赤いアイツ”brembo”は言うまでもなく。
ハーレーのカスタムだって削り出しの"PerformanceMachine"は絶対的。

世界の自転車コンポーネント、シェアNO.1は圧倒的にSHIMANO。
海外ライダーもこぞってSHIMANOの性能をこぞって手に入れたがる現状、
「日本人は、手頃にSHIMANOを手に入れられるのにCAMPYとかSRAMを欲しがるよね」
そう見られているらしい。知人のレーサーいわく。


パーツを触る側からしてもSHIMANOのパーツはすごく扱いやすい。
そしてアフターパーツが豊富、ボルト一本から注文できる。
やっぱりSHIMANO、結局SHIMANO。

んで、ピストライダーにはあまり馴染みのない話ですが
去年末くらいからSHIMANOさんはコンポーネントの一新を進めています。

品番が9000系だった「DURA-ACE」が「R9100系」へと進化。
続いて6800系だった「ULTEGRA」(アルテグラ)が「R8000系」に。
そして最近5800系の「105」(イチマルゴ)が「R7000系」へと変わりました。
そもそもはロードバイクのディスクブレーキ化にともなうシリーズの改変ですが、
いかんせん、カッコよくなりました。ちょっとゴツメだけども。


前置きがいつも長くてすみません。
だから何かって言うと、

ピストバイク純正のブレーキは全然効かないから
走るのが好きな人はSHIMANOにキャリパー交換した方がいいですよ!って話。

オススメが今回、進化して入荷しました「105」シリーズ

SHIMANO BR-R7000(105)前後セット
¥9,074-

ピストに使うなら、このくらいのグレードがちょうどいい。
あとカラーがブラックなので馴染みやすい。オススメです。


ちなみに、上を目指すあなたは

SHIMANO BR-R8000(アルテグラ) 前後セット
¥14,813-

カラーはKAGEROみたいなガンメタ系。
フレームとカラー合わせたりするとキレイですね。

そして最上級が

SHIMANO BR-R9100(デュラエース) 前後セット
¥37,701-

105の次にオールブラックを探すと、ここまで来ちゃいます。
さすがの最高峰、いい値段します。
でも、見た目以上に軽いし性能としては自転車界で最高なのは間違いないです。
カンパニョーロだと、ここから倍近くしますからね。SHIMANOの価格は決して高くありません。


ブレーキキャリパーは前後セットで、最安値でも6000円くらい。
それ以下の安いブレーキは頼ったら裏切られると思って大丈夫です。
動かなくなったり、効かなくなったり。

道路交通法がしっかりと敷かれた日本では公道走行でブレーキは必須なので
しっかりと吟味されたアイテムを使うのが賢者の選択だと思います。

NARUMI

↓ご相談はこちらをクリック↓

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台