僕ならこう組む。話題のKORY YORK。

2018.08.18
Osaka

話題のコリーヨークが入荷してます。
趣ある良きフレームです。K2をさっそく組んで見ましたが、さすがイタリアンハンドクラフト。実に組み応えあるフレームです。

このフレームのチャームポイントはジオメトリーとデザイン。
美しいネガティブスローピングのトップチューブ。走りにキレを生み出すシートチューブのカットアウト。ショートオフセットのクロモリフォーク。
タイヤとフレームのクリアランスが前後ともビッタビタ。コンパクトなシルエットは見るからにキビキビとした印象です。
全体像に派手さはないけど、ちょっと玄人のピスト乗りが好みそうなギミックが満載。キツネのマークもベリーキュート。


僕ならこう組むっていう、ご提案アッセンブル。
K2は7000系アロイを使用しているので、フレーム自体は軽いですが、懐古的なフォークはクロモリ。
ルックスと重量のバランスを考えてアルミのローハイトリムがカーボンのセミディープくらいが収まりよろしい。3KカーボンのFリムはちょっとクラシックな匂いもしてK2にはピッタリなのです。
K2カスタムの肝はヘッドパーツとステム。今となってはガラパゴス的扱いの1インチスレッドってのがちょっと厄介。ここをいい加減にすると一気に安っぽくなる。
ヘッドパーツはキングで間違いないけど、クイルステムは選択肢が少ない中でセンスが問われる。(トシが隆天使ってるのに嫉妬する)
僕が選んだのはFAIRWEATHER/NITTOのCR79。流れる様なフィレット溶接で仕上げたステム。現行で入手できるクイルステムだったらピカイチにかっこいい。

クランクは大変に迷いどころです。カンパがファーストチョイスかもしれないけど、オールブラックで組みたかったからひとまずなし。MICHEっていうのも正統派候補だけど、よりモダンで機械っぽいRINPOCHをチョイス。
30mmアクスルのダイレクトクランクは現在最も新しいムーブメント。735TRに採用されているVISIONもそう。この秋発表される予定のROTORの新型トラッククランクも30mmアクスルらしい。

モダンとクラシックを自由に行き来する、そんなカスタムバイクに仕上げて見ました。

KORY YORK K2 FRAME SET ¥150,000-
KORY YORK K2 CUSTOM BIKE ORDER ¥250,000〜

JUNKI

↓ご相談はこちらをクリック↓

osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台