カーボンリムと言えばコレコレ。

2018.09.08
Osaka

今日まずはグループライド情報から。

9/23 (日) 20時半 BROTURES OSAKAに集合でお願いします。
場所に関してはこれから決めます。要望あれば言うて下さい。
約二ヶ月ぶりのライドですし、気温的にも乗りやすくはなってるでしょうから多くの参加お待ちしております。


で、今日はカーボンリムでは"最強"のメーカーでホイールを2本ほど組ませてもらったんでそれを紹介。
ENVE ROAD 65 × CHRIS KING R45


はい。かっこいい。
リムはもう僕のブログを毎回読んでくれている人ならまぁ知っていることでしょう。
そう、ENVE。その中でもう廃盤となっているのがこのROAD。僕はこの時のENVEが好きです。
軽さに頭一つ以上は抜きに出てますから。この時代のやつ持っている人は手放さずおったほうが良いと思いますけどね。
手放すなら僕に声かけて下さい。
今回のこのリムはチューブラーだもんで、組んだ総重量が540g。下手なアルミリム単体並みの重量。

ハブはCHRIS KING。これもまた軽くよく回る。ホイールとして組んで回した時の手に伝わる回転は独特なものがあります。
フロントホイールを組む時はトラックハブにこだわること無くロードハブもあるんでね。色々な選択肢から決めていく楽しさが増えます。

ENVE SES 4.5 × PHILWOOD PRO TRACK


これもまたENVE。
先のと比べるとリムのデカールカラーが違いますね。
まぁ違うのはそれだけで無くて、こっちが今のENVE。
リム幅がワイドになり、フロント用、リア用と区別したホール数かつ、空力を考えられたリム構造。
これだけ言葉並べただけでも最新感すごいですよね。しかもリムだけにそこまでするかっていうね。
前のやつより重量増にはなっていますが、走行時の安定感は増してますね。

ハブはPHILWOOD PRO TRACK。
もう説明はし過ぎるくらいしてるんでいらんでしょうが、良いハブでっせ。
ENVEにPHILで組んだホイールは確かにお高いですけど、これ以上の手組みホイールはトラックにおいてないと言えます。

触ったり、組んだり、乗ってみたりで思いますがカーボンリムにおいてENVEの質を超えてくる物を見つけるのが難しいくらいです。
カーボンホイールを使うなら、そして予算があるならばENVEを。なんの後悔も無いはずです。

こんだけ紹介しといて言うのもアレですが、現状僕らにはENVEとの取引き無いんで仕入れることができません。。。いずれはやれるようにしたいですが。
今回のもお客様の持ち込みだったりします。けど、良い物は紹介しとかんとね。

ただ、ウチ(大阪店)に秘蔵ストック的なのが無いこともない。ここは気になる方のみ声かけてください。

そしてそして、少しの間欠品してたF-RIMが近々再入荷予定。¥45,000-


最強カーボンリムをお手本に製作してます、このF RIM。
ENVEは確かに良い。使いたい。けど高い!って思うなら、これの出番。僕自身がそうだったんでコレ作ってもらったわけですが。
安売りな感じな言い方になっちゃうけど、ENVEの半値以下でこの質は正直魅力だと思います。
F RIMと同等価格のカーボンリムはあるけどそれらに劣るとこは無いと思ってますんで。

藤本の競馬予想

はい、前回の結果から。
ハズレ
ブラストワンピースを2着固定で買っていたが為に外しました。
ついつい欲をかいちゃう。だから当たらない。
買い方が下手くそ。

今週のレースは 阪神 11R セントウルS(G2
ではでは予想はこちら↓↓↓


もう予想でもなんでも無いけど、なんとなく一番人気のファインニードルは飛ぶ気がしてます。買うかさえ迷うけど予想は念のため印はつけとく。
だからみんなはファインニードル買ったほうがいいよ。当たるから。

フジ

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

下の↓↓↓のバナーをクリックですぐにが連絡していただけます!!

osaka@brotures.com

06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台