Carbon Material

shred-2

 

 

巷で流行のカーボンホイールをはじめとしたカーボンパーツの数々。

今回はそのマテリアルであるカーボンについて掘り下げてみます。

炭素繊維強化プラスチック

俗に言われるカーボンの正式名称です。

 

軽い・強度がある・しなやか、と褒め称えられているカーボンですが、実は2種類の製法があるのをご存知でしたか?

あまり知られていない事実ですが、カーボンパーツの中でも【ドライカーボン】と【ウェットカーボン】という、製法の違いがあるのです。

 

そもそもカーボンの製法について。

Kohlenstofffasermatte

 

上のようなカーボン成形用のカーボン繊維を、エキポシ樹脂で固めていき、理想の形に作り出す。

型にこのシートを重ね、エキポシ樹脂を塗って放置。

硬化した上からまた同じ作業を繰り返し、カーボン繊維と樹脂を幾重にも幾重にも重ねて成形されているのです。

ちなみに3K、12KなどのK数はこの編みこみの量の表記です。

数が大きいほど編みこみの目が細かくなっていくのですが、その分重量も重くなってしまう。

強度と重量を絶妙な配分で各メーカーが製作しているので、一概にどちらがいいとは限りません。

 

アルミやクロモリなどはコンピューターでプログラミングされた機械で自動で削られていきますが、カーボンはまだまだ手作業が残る工程が多くあります。

そのためかかるコストも半端ではなく、カーボンパーツが一般的に高いと言われる理由です。

 

 

【ドライカーボン】

IMG_4164

 

上の写真はHONDA RC212Vというレーシングオートバイのパーツ(クラッチ)カットですが、HONDA HRCと書かれたカバーがカーボン製です。

見て分かる通り、1mmあるかないかという薄さ。

ドライカーボンはその名の通り、最終的にオートクレープという加圧窯で熱を与えながら圧縮していき仕上げていきます。

圧縮するので同じ体積でも強度が出せるので、非常に軽いパーツが設計できます。

豆知識ですが、この製法で理論上カーボンの最高強度を出せれば宇宙エレベーターが作れるそうです。今のところ他の素材では根本が持たないとのこと。

そんなドライ製法でつくられているパーツと言えば、ピストではフレーム。

tokyo-1

 

DOSNOVENTA TOKYO FRAMESET ¥399,000

 

【ウェットカーボン】

一般的に販売される多くのカーボンパーツがこの製法。

ドライと違ってオートクレープ工程がはぶかれ、そのままの状態で製品化されるのがウェットカーボンです。

ドライカーボンと違い工程が少ないので、大量生産向きでプライスもドライカーボンに比べては安価につくれるのが特徴。

といっても違う素材でカーボンと同じ耐久性を持たせようとすると、カーボンのその軽さには到底勝てません。

ピストのパーツではいろいろとカーボン製パーツはありますが、代表的なのはホイール。

shred-1-f

BROTURES Original SHRED Carbon Wheel

Front ¥ 52,500

Rear ¥54,600

Set ¥99,750

n03-1

 

BLB NOTORIOUS 03 Front ¥ 88,200

BLB NOTORIOUS 03 Rear ¥ 89,250

n05-1

 

BLB NOTORIOUS 05 Front ¥99,750

BLB NOTORIOUS 05 Rear ¥105,000

 

カーボン柄むき出しのこのホイール達。

自分のマシンに投入するだけで、その絶大なインパクトが他を圧倒すること間違いなし。

良さは外観にとどまることなく、スポークを廃したその形状で前からの風の影響を受けづらく、逆にエアロダイナミクス効果によってより加速ができるほど。

軽さももちろん、アルミのホイールと比べてみると200gも300gも軽くできているので、マシン全体の軽量化にも貢献。

ピストのなかでフレームの次に大きいホイールだからこそ、そのパーツを変えた時の激変さには驚きます。

1-1 (1)1-1 (2)

 

1-12-1

 

BROTURESオリジナルカスタムでも数々のマシンにカスタムしていますが、やっぱりお客様の反響は絶大。

原宿でのグループライドなんてカーボンホイールだらけで、標準装備しつつあるカーボンホイール。

 

カーボンの良さと、各モデルに標準装備されたカスタム完成車が載っているこんなページもあります。

CARBON COLLECTION

これから梅雨が空けて夏が到来。街をピストで気持よく走り回れる季節がやってきます。

ボーナスもそろそろの事ですし、カーボンホイールを自分のご褒美に一本。いかがでしょうか?

 

 

KO1

 

FOLLOW

Related Articles