CINELLI TUTTO お山仕様。スーパーローコストカスタム。

2018.10.07
Osaka

関西はなぜか3連休めっちゃあつくて10月なのに夏日が続いてます。

案の定、体調崩し気味です。笑

さて、CINELLI TUTTOのコンプリートバイクが入荷したので早速カスタム。

・CINELLI TUTTO COMPLETE BIKE ¥125,000-(+TAX)

いつもみたいにカッツリじゃなく、なるべくローコストで砂利道とか未舗装路とかいけちゃう仕様にしてみました。

ちなみにカスタムにかかったコストはなんと税込で¥32,240-

かえたパーツはこんな感じ。

・CANE CREEK DROP LEVERS ¥8,360(+TAX)

・FSA GOSSAMER コンパクトドロップハンドル ¥6,460-(+TAX)

・Panaracer GRAVELKING SK ¥5,191-(+TAX)

写真の3点とチューブとかバーテープでなんと総額

¥154,824-(+TAX)

TUTTOをよりTUTTOらしく幅広いタイヤ履いちゃって走れる仕様にしましたって感じ。

もちろんライザーのままタオいやだけ太くしちゃったりもできます。

タイヤも今回は32Cを履かせてますが、まだまだこれだけクリアランスがあります。さすが。

ちなみにマックス35Cのタイヤまではいっちゃいます。

リアブレーキケーブルもトップチューブ中通しなので見た目もめちゃめちゃスッキリ。

今回こんな感じの仕様にしたのには意味があって。

今月の末、10/28(日)から関西シクロクロスが始まります。

ひとまず詳細はこちら↓↓

http://kansai-cyclocross.hatenablog.com/entry/2016/10/07/231115

自分は通年で参戦予定。今の所は全部で8戦。

簡単に説明すると大人が自転車で泥遊びする感じ。笑

これはめっちゃ早い人たちの動画。

https://www.youtube.com/watch?v=hO4T7z1W2dQ

ガチになるとこんな感じですが関西シクロクロスは簡単に言うと4つにクラス分けされていて

こんな激しくないし、みんな笑ってます。

ライザーハンドルでも私服でもOK。マウンテンの人もちょろっと居たり。

ヘルメットは必要ですが、比較的始めやすい競技だと思います。

速度域もはやくないのでこけても大怪我したりはあんまりないイメージです。

興味有る方は気軽に聞いてください!有る程度お答えできます!

今の所自分を含めお客様と合計で4人参戦予定。

みんなでわいわいしましょ〜

ではこの辺で。

YUKI

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

下の↓↓↓のバナーをクリックですぐに連絡していただけます!!

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台