KORY YORK MARK Tのカスタムサンプル。

思った通り爆発的な人気はないけど、局地的な人気はじわじわ来てる。僕的には今年一番ドツボなフレームがコリーヨークのマークTです。

KORY YORK MARK T frame set ¥150,000-

三角形のチューブってのが斬新!だけど奇をてらった感じはしない。それがこのフレームのすごいと感じるところで、これ作った人のバランス感覚がヤバい。
極力控えめなロゴデザインだったりタイトなフレーム設計だったり、多分素地のフレーム見ても、あ、コリーヨークだってわかる感じがデザイン的に優れてるなと思います。

イタリアンハンドメイドのフレームだけど、あえてUSブランドで組んでみました。

Chris King NoThreadSet™ 1-1/8″ ¥20,000-

ヘッドセットの王様。CHRIS KINGのヘッドパーツは10年間の長期保証付きで間違いなく世界最高のパーツです。せっかく使えるフレームなら、使わない手はないでしょう。丸っこいシルエットもかわいい。MADE IN USA。
ほかにはPHILWOODのヘッドパーツも使えます。こっちはカクカクしてるので、それはそれで面白そう。

SRAM Omnium Crankset ¥31,400-

クランクはこないだ紹介したオムニウム。アメリカ最大手のコンポーネントメーカー、SRAMのピスト用クランクです。
大阪のスタッフは5人中5人が持ってる。そのくらい、間違いないクランクってことで。笑
詳しい説明はこちらをどうぞ。

定番のクランクセット。SRAM OMNIUMが再入荷です。

手組みのホイール ¥68,800-

ホイールはアルミリムの最高峰といえるHED BELGIUM +と、これまたトラックハブの最高峰PHILWOOD PRO TRACKで組んだもの。
性能も耐久性も現状これ以上のアルミの手組みはなかなかない。それでもカーボンホイールよりも手頃というのが手組の面白いところです。

KORY YORK MARK T CUSTOM BIKE ¥431,000-

その他のパーツはステム、シートポストにはテッパンのTHOMSON。サドルは元祖軽量サドルSELLE ITALIAのFLITE。タイヤはWTB SICKSLICK。
個人的にはマッチョで力強いセレクトなんですが、それでもシュッとしてて上品なイメージに収まるのはKORY YORKだからかな。
これがLEADERだったら、もっとゴリゴリに見えると思うんです。どっちがいいってことでもないので好みですが。

今回は最高級のパーツを惜しげもなく使いましたが、MARK Tのカスタムバイクのオーダーは25万円くらい〜って感じです。
分割払いも使えます。パーツセレクトが面白いフレームなんで、ぜひぜひご相談ください。
もちろんフレーム単品の販売もお気軽にお申し付けください。

2019 Cinelli Vigorelli steelはこう組む。

こないだはCINELLIの新しいやつが入ってきたし、新しいフレーム探してる方にとっては実りの秋って感じですな。

JUNKI

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


 

FOLLOW

Related Articles