ここのカスタム、重要です。

今日は”シートポスト”について話そうかなと思います。


ここをカスタムする際の基準をいくつか挙げると、
重量、見た目、素材、このあたりでしょうか。

ピックアップしてみましょう。
まず、重量。
軽いものでは170g前後から重いものは300g前後まで、幅はものすごく広いです。
シートの厚みや素材など、重量に関係してくる部分は様々。
では、軽さが乗車時にどう影響してくるのか。

明らかに感じられるのは、ダンシング時(立ち漕ぎ時)かなと思います。
軽くなると自転車を横に振るのが楽になります。
重くなると安定感が増します。
これは遠心力が関係してくるから。
自分なりのいい案配を見つけると快適に乗れますよ。
細かくは色々とありますが、重量に関してはザックリこんな感じです。

 

次に素材。
大きく2種類、アルミとカーボンがあります。


アルミはカーボンと比べると安価ですが、重量があります。
乗り味では頑丈さを感じます。これはカーボンと比べ大きなプラス。
整備面で言えばトルク管理がしやすいですね。

続いてカーボン。
カーボンはものすごく軽いです。
そしてその軽さからは考えられない高耐久性を持っています。
整備面では、あまりトルクがかけれないので
緩みだけ気をつけてもらえればいいかなと思います。
問題は金額。素材がいいために中々なお値段します。

アルミの中でも軽量なのは多くあるので、軽さだけを求めるならそのあたりを狙ってみてもアリですね。
個人的に軽さと耐久性、金額のバランスがとれているのはTHOMSONだと思います。

見た目は好みがあるので自分のビビッときたのを選んであげていいと思います!
僕はTHOMSONとRITCHEYが好きです。。

吉祥寺店では現在、中古パーツが豊富なので
お客様に合ったシートポストが見つけることができると思います。

もちろん、僕オススメのTHOMSONやRITCHEYも半額近くでご用意しているので、
お安くゲットしたい方はお早めに!

意外と忘れられがちなシートポスト、今こそ考えてみては?

お問い合わせお待ちしております。

↓ご問い合わせはこちらをクリック↓

FOLLOW

Related Articles